岡山甲子園常連校 1年生自殺の裏にイジメ疑惑

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会

「入学したばかりの1年生がどういう気持ちで亡くなったのかを思うと……」

 

 こう語るのは、私立関西(かんぜい)高校(岡山県)の野球部員の保護者Aさんである。

 1887年創立の関西高校。県内唯一の男子校で、硬式野球部は甲子園に春夏計21回出場した強豪だ。

「2006年春には、斎藤佑樹擁する早稲田実業と延長15回再試合の死闘を繰り広げた。一昨年からは元ヤクルトでOBの上田剛史氏を臨時コーチに招聘。ただ昨年1月には、監督が部員を平手打ちするという体罰が発覚し、謹慎処分を受けました」(スポーツ紙記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年6月8日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる