ジャニーズ「23人の性被害調書」 40年にわたって性加害を許してきた事務所の責任と“心のケア”の欺瞞

「週刊文春」編集部

SCOOP!

PICKUP!

ニュース 社会 芸能

 浮かび上がる加害の罪深さ。そして40年にわたって性加害を許してきた事務所の責任と“心のケア”の欺瞞。

 英公共放送BBCが、ジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏の性加害問題を報道してから、既に4カ月近くが経った。

ジャニー氏の罪は重い

 ようやく今年5月、ジャニーズ事務所が対応策の1つとして打ち出したのが、元環境大臣で心療内科医の鴨下一郎氏監修の「心のケア相談窓口」の設置だ。

〈すべてのタレントへの心のケアが最重要〉

 そう謳ってスタートしたが、問題は山積みだ。「心のケア相談窓口」に連絡した、元ジャニーズJr.で、ジャニー氏から性被害を受けた中村一也氏(36)が言う。

「まずメールをしてから、公認心理師と電話で相談するまで2週間かかりました」

中村氏

 相談のシステムにも懸念点がある。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月13日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる