無料公開中

ご寄付のお願い

「週刊文春」編集部
 

ご寄付のお願い――編集長より

 こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます。

 近年、「週刊文春」のスクープが世間で大きな話題となるケースが増えています。

 何週間にもわたるキャンペーン報道を続けていると、読者の方から「頑張って」「応援してるよ」と声をかけていただきます。さらに、「取材費を寄付したい」という、何ともありがたいお申し出をいただく機会も増えました。

 編集部一同、こうしたエールにとても励まされています。

 小誌はこれまでも「新聞やテレビが報じない真実を報じる」というスタンスを貫いてきました。

 一方で、調査報道には莫大なコストがかかります。時に10人を超すチームが動き、北海道から沖縄、あるいは海外まで取材に飛ぶ。長い時には1週間、2週間と張り込みを続ける。こうした地道な取材を続ければ続けるほど、コストはかさみます。

 多くのメディアは今、取材費の問題に直面しています。実際に「現地にはいかずに電話取材だけで済ませるように」と言われている記者もいます。本格的な調査報道を断念せざるを得ない媒体は、日に日に、確実に増えています。

 しかし、我々はこの先も「週刊文春があってよかった」と読者の皆さまに思ってもらえる調査報道を続けたい――そう思っています。

 そこで、「週刊文春電子版」では、「寄付プラン」を設けることにしました。

 読者の皆さまの「寄付したい」「頑張って」というエールを、編集部の「力」に変える。それが「寄付プラン」です。

 いただいたご寄付は、取材費として編集部で大切に活用させていただきます。

 この先も「週刊文春」でしか読めないスクープを出せるよう頑張ってまいります。より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

「週刊文春」編集長 竹田聖

【注意事項】ご寄付いただく前に必ずお読みください

【1】
 以下の「寄付ボタン」からのお申し込みは、ご寄付のみになります。「週刊文春電子版」のご購読権は含まれませんのでご注意ください。

 記事をお読みいただくには、雑誌「週刊文春」をお買い求めいただくか、「週刊文春電子版」の各種有料プランへのお申し込みが必要となります。まだご購読いただいていない方は、ご寄付の前にご購読いただくことをオススメいたします。

【2】

 ご寄付をいただいた皆様には、御礼として編集長からのメッセージをお送りいたします。また、寄付プランをご購入いただいた方限定のスペシャルイベントなども定期的に開催いたします。

【3】
「口座振り込みで寄付をしたい」というお声もたくさんいただきます。申し訳ありませんが、現時点で『寄付プラン』はクレジットカード決済のみとさせていただいております。そのお気持ちだけありがたく頂戴させていただきます。引き続き、ご支援とご愛読のほどよろしくお願いいたします。

★ご寄付はこちらから

 
※金額は、1500円、3000円、5000円の中からお選びいただくか、5001円以上の場合はご自身で設定していただきます。金額をご記入いただく場合は、間違いのないようご注意ください。ご寄付できる回数は1日1回までとなります。
※ご寄付には「週刊文春電子版」への会員登録が必要になります。
※まだ「週刊文春電子版」の会員になっていない方で、今回のご寄付に際して初めて会員登録いただく方は、その後に月額プランにお申込みいただいた場合は初月300円の適用対象外となりますのでご了承ください。
※銀行振込などクレジットカード以外でのご寄付は受け付けておりません。
※領収書はご提供しておりませんが、決済内容をPDF形式でダウンロードできます。

編集部へのメッセージがある方はこちらから

お名前 任意
メールアドレス任意
ご意見・ご感想必須
利用規約・プライバシーポリシー同意必須

※利用規約、プライバシーポリシをお読みになり、同意の上、投稿下さい。

お問い合わせ先

https://bunshun-online.zendesk.com/hc/ja/requests/new

  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる