認知機能が衰えた80代女性理事長を外して…維新・馬場伸幸代表〈自白音声入手〉“資産15億円”社会福祉法人 疑惑の乗っ取りを告発

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

 先週号で“公認パワハラ”音声を報じた維新の馬場代表に、新たな疑惑が浮かび上がった。舞台は地元で保育園などを運営する社会福祉法人。馬場氏は今年6月下旬、この法人の理事長に収まっていたのだ。その裏には――。

 コロナ禍を境に、人前から忽然と姿を消した老女がいた。今年で81歳になる西侑子氏(仮名)は、大阪府堺市で4つの保育園を営む社会福祉法人「ドレミ福祉会」を一代で築き上げた立志伝中の人物だ。

 近隣住民はこう語る。

「5〜6年前までは元気に挨拶してくれたんだけど、西さんをここ最近、ずっと見てなくて……。身寄りがないと聞いていたから心配に思って、保育園の先生に『どうしているの?』と尋ねても、なぜかみんな口を噤んでしまうのよ」

馬場氏は現在当選4回

 彼女が、自らの人生を捧げてきたドレミ福祉会。ところが、その理事長が今年6月25日付で、西氏から“別の人物”に代わっていた。新理事長に就いたのは、「日本維新の会」の馬場伸幸代表(58)である。

 小誌は先週号で「維新を暴く!」と題し、計9頁の特集を掲載。次期衆院選で野党第一党を視野に入れる同党の政治資金や候補者選定、ハラスメント対応など、様々な面から徹底検証した。

先週号の大特集「維新を暴く!」

 その維新を代表として率いるのが、馬場氏だ。

「高卒後、ファミレス勤務を経て、中山太郎元外相の秘書を務めた。1993年、堺市議補選に自民党から出馬し、初当選。2010年、盟友の松井一郎氏(前大阪市長)らと大阪維新の会の結党に参加し、12年に国政に転じました。15年から幹事長を務め、昨年8月に代表に就任。酒豪で“飲みニケーション”を重視しています」(維新関係者)

維新を創設した松井氏(左)と橋下徹氏

 先週号では、馬場氏自身の“公認パワハラ”音声についても報道。今年4月の統一地方選を巡り、池田克史堺市議(当時)に対し、「公認は僕の権限や! 理由なんか無かってもええねん」などと述べ、実際に公認を出さなかったのだ。

 だが今回、馬場氏を巡る新たな疑惑が発覚した。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 1

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年8月17日・24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫