《イッテQから追放危機》デヴィ夫人がモナコ慈善団体から1700万円を持ち逃げ

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 芸能 テレビ・ラジオ

 バラエティ番組での奔放な振舞いで好感度を高めるデヴィ夫人。そんな彼女には「裏の顔」があった。運転手への暴行、タニマチへの殴打、そして1700万円の持ち逃げ……。カメラが絶対映せない疑惑の数々をお伝えする。

 8月26日、雨上がりの夕方6時過ぎ。レンガ造りの豪邸からドレス姿の女性が姿を見せた。小誌記者が「夫人……」と呼び止め、質問を投げかけると、彼女は目を見開く。

「あなたたち、踊らされないほうがいいですよ。わたくしはまったく間違っていませんから」

 そう語気を強め、待たせてあったタクシーのドアを叩きつけるように閉めると、「お約束がありますので」と会食へ出発した。

 女性は、デヴィ・スカルノ(83)その人である。

 

 小誌がデヴィ夫人に問うたのは、慈善団体「アミチエ ソン フロンティエール」をめぐる金銭トラブルについてだ。

「アミチエ」はモナコ公国に本部を置き、「名誉顧問総裁」を務めるのは元首の大公アルベール二世。大公の母で元ハリウッド女優グレース・ケリー妃に仕えたマダム・レジーヌなる人物が1991年に創設した団体である。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 2

  • 3

  • 0

source : 週刊文春 2023年9月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる