「兼業で2000万円」維新幹部“富豪秘書”の珍釈明40分

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 日本維新の会の衆院議員が公設秘書に市議を起用し、物議を醸した“兼業問題”。そこで、公設秘書が衆院事務局に提出する兼職届を調査したところ……エッ、報酬総額2300万円!?

 兼業は役職だけで無報酬の例も珍しくない中、次点の1223万円を突き放し、報酬総額で断トツ首位となったのが、野間口雅彦氏。維新・杉本和巳衆院議員(63)の政策秘書だ。

「杉本氏は早大卒業後、興銀に入行。ハーバード大への留学経験もあります。当選4回で、党HPによれば、代議士会会長を務める幹部です」(政治部記者)

愛知県が地盤の杉本氏(維新HPより)

 杉本氏を巡っては、小誌は21年11月4日発売号で、議員会館でオームチャンティングと呼ばれるヨガ儀式を行っていたことを報道。政治活動とは無関係な信者らと「オ〜ム〜、オ〜ム〜」とマントラ(聖なる言葉)を唱えていたのだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる