《速報》週刊文春が報じた「浅草資産家次女殺害事件」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会

《浅草資産家夫婦次女殺し》「バカな話だよ」父親が直撃に語った細谷志保(37)の育児ネグレクト

 2月14日、東京都台東区に住む夫婦、細谷健一容疑者(43)と細谷志保容疑者(37)が、次女の美輝ちゃん(4)殺害の容疑で警視庁に逮捕された。

 昨年3月13日に亡くなった美輝ちゃんの死因は、薬物による中毒死。志保によって向精神薬オランザピンとエチレングリコールを大量に飲まされたと見られている。

細谷一家が暮らすマンション

「エチレングリコールと向精神薬をネット通販で事件の約1年前から継続的に購入していたことが分かっている。夫婦が美輝ちゃんの殺害に関与した可能性を視野に、警察は8月29日から計6日間家宅捜索を実施。夫妻のスマートフォンやパソコンを押収して解析してきました」(全国紙記者)

■健一の姉が41歳の若さで急死 

 警察の調べに対し健一は「関与していません」と容疑を否認。もう一方の志保は黙秘を続けている。細谷夫妻の周りでは、かねてから不審な“事件”が起きていた。たとえば2018年春、健一の姉が41歳の若さで急死している。ホテルの運営会社の元役員が語る。

「健一さんのお姉さんはホテルの運営会社の経理を務めていた。健一さん夫婦は金遣いが荒いため、“金庫番”であるお姉さんの存在は疎ましかったでしょう。実際、志保さんとお姉さんの折り合いは悪かったですから」

 この姉は容疑者夫妻と同じマンションの別の階に居住していたが、その急死が発覚するまでにひと騒動あった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 21

  • 6

  • 3

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫