「世界平和につながっていくんちゃうかな」(京都の男女3人組演劇ユニット)|能町みね子

言葉尻とらえ隊 第585回

能町 みね子
ニュース 社会

 2月12日にFNN系ニュースサイトに出た「京都発ドラァグクイーンのコメディ映画がアメリカへ」という記事、世間的には知られていないでしょうが、引っかかって仕方なく、そのことを書きます。

 ちなみに、上映規模が非常に小さくて観ることはできず、映画の評価はできません。記事のことだけ書きます。

 内容は――京都の男女3人組演劇ユニットが演じる、ドラァグクイーン2人と蕎麦屋の女将によるコメディ映画がコアな支持を集め、アメリカの大学で上映されることになった。そこで3人にインタビューし、映画の魅力、ついでにLGBTQについて語ってもらう……という感じ。

 ちなみに彼らはLGBTQ当事者ではない。確かに非当事者が演じちゃいけないわけではないけれど、インタビューで彼らは「LGBTQのキャラクターでお芝居をすると関西の強い笑いが受け入れやすくなって」と明言していて、彼らがLGBTQ(というか、この場合単に「G=ゲイ」だと思うのだが)を単なる面白キャラとして導入した様子が窺えます。記事の地の文でも「この映画はLGBTQの啓発を目的とした映画ではない」と明記されている始末。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 4

  • 1

  • 15

source : 週刊文春 2024年2月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫