検察に逆ギレ、報道に責任転嫁 萩生田光一が継承するDNA

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 自民党東京都連は2月16日、総務会を開き、萩生田光一前政調会長の都連会長の当面の続投を了承した。

 裏金事件に関わった安倍派議員のうち、埼玉で柴山昌彦元文部科学相、富山で野上浩太郎元農林水産相、新潟で高鳥修一衆院議員がそれぞれ県連会長辞任を表明していた。萩生田氏の往生際の悪さが目立ち、安倍派の若手議員でさえも「あまりに見苦しい」と呆れ顔だ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 1

  • 12

  • 8

source : 週刊文春 2024年2月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫