《白鵬に“師匠失格”の烙印》週刊文春が報じた北青鵬「暴力&引退騒動」全真相

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

「バーナー状にした炎を体に近づけ…」暴力力士の横暴を許した白鵬に“師匠失格”の烙印「睾丸平手打ち、紗代子夫人に不快メールも」《北青鵬引退騒動》

 元横綱・白鵬こと宮城野親方の“秘蔵っ子”だった宮城野部屋の北青鵬(22)が、角界を追われた。日本相撲協会が2月23日に開いた臨時理事会で、北青鵬の引退届を受理したことを発表した。

 問題視されたのは、部屋の後輩力士たちに対する日常的な暴力行為。協会からの引退勧告を受け入れたかたちとはいえ、事実上の“クビ”である。

北青鵬 Ⓒ時事通信

■「角界内の評判は最悪」

「北青鵬は、宮城野部屋唯一の幕内力士で、本来は他の弟子たちの模範となるべき部屋頭の立場。ニコニコと外面はよいが、角界内の評判は最悪でした」(相撲担当記者)

 北青鵬は、今年一月場所6日目にあたる1月19日から突如、休場。古傷の右膝の状態が悪化したとして、後日、宮城野部屋からは「右半月板損傷により2月5日に手術、以降約4週間のリハビリテーション加療を要する」との診断書が提出されたが、それは表向きの理由に過ぎなかった。

「北青鵬の休場後、相撲協会のコンプライアンス委員会が調査に動き出し、宮城野親方をはじめ、部屋の者を一人一人呼び出してヒアリングをしていたんです。休場の2日後、北青鵬の暴力に関する情報が相撲協会の公式Xに寄せられたのが調査のきっかけ、とされていますが、北青鵬については、前々から弟弟子に対する暴力行為のほか、他の力士の財布からお金をくすねる“てらきり”の噂も絶えず、親方が抱えている“時限爆弾”のような存在でした」(同前)

宮城野親方  ©文藝春秋

■バーナー状にした炎を近づけ…

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 3

  • 8

  • 4

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫