【解説番組】15年ぶり政倫審も…岸田政権が“後手後手”対応に追われた理由《安倍派幹部は「絶対に出るのは嫌」》

文春記者トーク #227

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「週刊文春」編集部の記者が“取材のウラ話”を語る「文春記者トーク」。ここだけで聞ける話題のスクープの裏側をお楽しみください。

 

 自民党のパーティ券裏金問題をめぐり、15年ぶりに開かれた政治倫理審査会。2月29日、岸田首相は自ら弁明の場に立ちましたが、従来通りの説明を繰り返し、裏金作りの経緯が具体的に説明されることはありませんでした。

 

 今週号の「週刊文春」では、鈴木俊一財務大臣(70)や西村康稔前経産相(61)など、裏金問題の渦中にある議員の動向について詳報。岸田政権の“機能不全”の裏側には何があるのか。取材した河野記者が解説します。

 

#227 15年ぶり政倫審も…岸田政権が“後手後手”対応に追われた理由《安倍派幹部は「絶対に出るのは嫌」》

 

出演:「週刊文春」河野嘉誠記者、「週刊文春電子版」村井弦デスク(@Murai_Gen

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫