6月19日、バイデン大統領に「国民の祝日」に制定されてから4回目のジューンティーンスがやって来た。南北戦争が終了した1865年、南部テキサス州まで奴隷解放の知らせが届いたことを記念する日で、全米各地で式典やお祭りが開かれた。

「今日、ジューンティーンスはアメリカでいちばんラチェットな祝日です!」

 ミズーリ州の州務長官選挙に出馬したヴァレンチーナ・ゴメス候補(25歳・共和党)はSNSでそう発言した。ラチェットRatchetは黒人スラングで「下品」「あばずれ」の意味。

「黒人の被害者意識が私たちに押し付けられようとしています。彼らは奴隷制度への賠償を求めています。なんと恩知らずなことでしょう。黒人は史上最も偉大な国アメリカに生まれたことを祝福すべきです。アメリカが嫌いなら、GTFO!」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 1

  • 6

source : 週刊文春 2024年7月11日号