昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この鉄道がすごい

池袋から1時間20分 SLだけじゃない秩父鉄道「3つの魅力」

急行電車のほうが観光に便利だ

2018/12/23

genre : ライフ,

 秩父鉄道は埼玉県北部で東西方向の路線を運行している。西の端は三峰口駅。東の端は羽生駅。羽生駅で東武伊勢崎線、熊谷駅でJR高崎線、上越新幹線、北陸新幹線、寄居駅で東武東上線とJR八高線と接続する。御花畑駅付近に西武秩父線の西武秩父駅がある(特急ちちぶ号に乗れば池袋から約1時間20分で着く)。西武鉄道とは線路がつながり、直通列車もある。これらの路線を経由して、秩父や長瀞に訪れる観光客も多い。

秩父鉄道の西の端、三峰口駅

東武鉄道と秩父鉄道の線路がつながっている

 過去には東武東上線、国鉄時代の八高線、JR高崎線と直通する列車もあった。東武鉄道は伊勢崎線系統と東上線系統の線路が離れているけれど、両系統をつなぐ役割が秩父鉄道だ。実は、東上線の車両は定期検査や配置転換のため、秩父鉄道を通って伊勢崎線へ行き来している。

 

 秩父鉄道と言われてピンと来ない人も、SLが走る路線といえばわかるかもしれない。週末に熊谷駅と三峰口駅を往復する「パレオエクスプレス」だ。パレオというと南国の民族衣装や女性の水着のスカートを連想するけれど、パレオエクスプレスのパレオは古代の海棲哺乳類「パレオパラドキシア」に由来する。秩父で化石が見つかり、このあたりが大昔は海の底だったと証明された。

パレオエクスプレスは東京から「最寄り」の蒸気機関車だ

近年は故障と運休が増えていたが……

 パレオエクスプレスは1988年から運行開始。今年は30周年を迎えた。関東のSL復活運転の第1号だ。近年は真岡鐵道、JR東日本高崎地区、東武鬼怒川線でもSL運行が行われてライバルが増えているけれども、パレオエクスプレスの人気は衰えていない。都心から西武鉄道や東武鉄道、湘南新宿ラインなどで訪れやすいからだ。

駅に着くと、ご覧の通りの人気者
 

 しかし、そんなパレオエクスプレスも近年は故障と運休が増えている。2018年も9月に故障が見つかり修繕が長引いていたが、2019年1月1日より約2年ぶりの冬期特別運転が再開されることになった。

 ただし、SL列車が走らなくたって秩父鉄道は面白い。ふだんはSL列車の陰に隠れてしまう魅力を紹介したい。