昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/02/13

池上さんは、お酒が強いですか

池上さんに聞いてみた。


Q 池上さんはお酒が強いですか?

 池上さんは、お酒は強いですか。僕は営業職なのに、お酒が弱くて、社内外での「飲みニケーション」が苦手です。(30歳・男・会社員)

A 私も若い頃は苦労したものです。

 お気持ち、とってもよくわかります。ご同情申し上げます。私も酒が弱く、若い頃は苦労したものです。

 NHK記者として、島根県警、広島県警、警視庁をそれぞれ担当したことがあります。警察官には酒の強い人が多いですから、「俺の酒が飲めないのか」と凄まれると、必死になって飲み、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったり、果ては吐いたり、と辛い日々を送りました。事情は会社の中も同じでした。

 いまならアルハラです。最近は、「すみません、飲めないんです」と言えば、許してくれることも増えました。

 とはいえ、営業職はそうもいきませんね。まずはビールで乾杯というときは、最初に「私は飲めないもので、すみません」と断って、最初の一口だけ口に運ぶ。コップの残りはそっと捨て、ノンアルコールビールを頼んでコップに注いでもらう。

 この方法はいかがでしょう。

 同席している人たちが、アルコールが入ると性格が一変したりするのを観察するのは、なかなか勉強になります。ふだんストレスがたまっているのだなあと同情したり、酒の席でも上司にゴマをするのに一生懸命だったり、ふだん真面目な顔をしているのに、突然セクハラおやじに変身したり。人間観察の場でもあるのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加