昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

亀和田 武
2017/03/11

アニメ版『昭和元禄落語心中』は、老いた師匠がエロチック

『昭和元禄落語心中―助六再び篇―』(TBS)

 ブーム再来。雑誌や新聞が落語の企画を組むと、必ずそんな見出しが大きく躍る。

 もう何年も前から、実力と個性を兼ね備えた噺家の落語会を観るため、チケット入手は熾烈をきわめていた。この時点でブームはおきていた。

 さらに名人だけでなく、若手の二つ目を追いかけるマニアも急増した。そして一年前には、雲田はるこ原作『昭和元禄落語心中』のアニメ版が深夜帯で放映され、興味をもつ層は一気に拡がった。

 主人公は身代わりで懲役に服していたヤクザの与太郎。刑務所へ慰問にきた名人、八代目有楽亭八雲の「死神」を聴いて、心を掴まれた。

 懲役を務めあげると、刑務所から寄席に直行。八雲に弟子入りを直訴する。弟子をとらない気難しい名人が、表情ひとつ変えず入門を許す。

©共同通信社

 真夜中のテレビで、この落語アニメに遭遇したときは、画面に釘づけになった。与太郎はとことん陽気で、落語を愛する熱血漢だ。一方の八雲は、名人たちが造った落語の型をきっちり踏襲する完璧主義者で、表情は常にクール。

 明と暗。このコントラストに一発でKOされた。八雲の顔にふと浮かぶ、虚無的な翳り。それが若いころのライヴァルであり、心を許した唯一の友、二代目有楽亭助六の死に起因することがわかる。

 天才肌で、どこか哀しいほど明るい助六と、すべてが正反対の八雲。二人には恋愛のような感情が流れている。

 笑いと耽美。そして落語とは何かという大命題。その三要素を肌理こまかく描いたアニメの続篇を、また観ることができたなんてね。耽美と記したが、老いた八雲の表情、所作、そして声が妖しいほどにエロチックなんだ。

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

雲田 はるこ(著)

講談社
2011年7月7日 発売

購入する

 雲田はるこの原作コミック全十巻に、先にあげた三要素はすべて描かれている。ではアニメが付け加えたものは。声だ。与太郎(関智一)に助六(山寺宏一)、そして八雲(石田彰)を演じた声優陣がアニメに彩りを添えた。

 与太郎は三代目助六を襲名し、先代助六の娘、小夏と夫婦になった。伝統を守る八雲がいて、新しい型を求める二人の助六がいる。だから落語は面白い。受け継ぐ者がいれば、破壊する演者もいる。

 DVDやCDで昭和の名人を聴くのも楽しい。しかし一番スリリングなのは、いまホールや寄席で演じられている噺だ。現在進行中の落語が刺激的だから、『落語心中』のような伝統と破壊ともに備えた傑作が生まれた。

▼『昭和元禄落語心中―助六再び篇―』
TBS 金 26:25~26:55

はてなブックマークに追加