昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雑誌ジャーナリズム大賞「ベッキー禁断愛」はいかにして生まれたのか? #1

残された時間はわずか「48時間」

タイムリミットは四十八時間

 大山が編集部に着くより先に、午前九時からデスク会議が行われていた。編集長の新谷と五人のデスクで次号のラインアップを決定する会議だ。前日までに渡邉は新谷に、ベッキーと川谷が不倫をしていて長崎に婚前旅行へ行くという事実を伝えていた。休養から復帰したばかりの新谷に迷う理由はなかった。

「大きな扱いでいけそうだな」

 大山を棚橋のアシにつけて、長崎へ行かせることも、新谷と渡邉が事前の話し合いで決めていた。デスク会議では、大山だけでなくさらにカメラマン二人とグラビア班の記者二人の計四人をチームに加えることが決まった。トップ級の扱いの特集にすることはほぼ決まりだ。グラビア班の二人は“追いかけ取材”にあまり慣れてはいないが、ヘルプを入れたチーム編成は珍しくない。大山は東京で下取材をしてから四日の朝一番で長崎に行くことにして、まずはカメラマンとグラビア班記者が三日のうちに長崎へ飛んだ。

 棚橋は三十八歳で、大山は三十三歳。新しく加わった四人は二十代後半や三十代前半の男性たちだった。

 この記事を載せる号は一月七日に発売される。校了はその二日前の火曜日である一月五日であり、その前夜である一月四日から原稿を書き始めるのが通常のパターンだ。

 限界まで引っ張るとしても一月五日の朝までには直撃取材をする必要があった。

 大山とすれば、役割を告げられてからは四十八時間、長崎に着いてからは二十四時間しか猶予がなかったことになる。

(#2に続く)

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書)

週刊文春編集部 (著)

KADOKAWA
2017年3月20日 発売

購入する

 本書の再現ドキュメントの元になったのは、株式会社ドワンゴが取材・制作した「ドキュメンタリードラマ『直撃せよ!~2016年文春砲の裏側~』」。ニコニコ動画で公開中。

※こちらは予告編です。 

INFORMATION

角川新書『文春砲』刊行記念トークイベントのお知らせ

「週刊文春」編集長・新谷学と特集デスク・渡邉庸三が、スクープの舞台裏を語ります。

日時:4月5日(水)19:30開演(19:00開場)
会場:ジュンク堂書店池袋本店 4F 喫茶コーナー
https://honto.jp/store/news/detail_041000021313.html?shgcd=HB300

日時:4月12日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11566/

※どちらのイベントも事前のご予約が必要です。詳しくはそれぞれのWEBサイトをご覧ください。

はてなブックマークに追加