昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2017/09/05

肺炎の大きな原因「誤嚥(ごえん)」を避けるには?

『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』(西山耕一郎 著)――ベストセラー解剖

『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』(西山耕一郎 著)

 肺炎は近年、がん、心臓疾患に次ぐ日本人の死亡原因第3位となっている。肺炎といえば、風邪をこじらせて……といった流れを想像しがちだが、実はその大きな要因は「誤嚥(ごえん)」。食べたものが食道ではなく、気管や肺に誤って入ることだ。特に70代以上の高齢者は、加齢に伴う「飲み込む力」の衰えで誤嚥性の肺炎を引き起こしやすいという。本書は耳鼻咽喉科の医師として、30年以上も誤嚥の問題に取り組んできた著者による、初の一般向け著作。誤嚥のメカニズムの解説に始まり、下あごを指で持ち上げながらぐっとあごを引く「あご持ち上げ体操(頸部等尺性収縮技法)」など実践的な誤嚥防止対策まで、読み易い文章で誤嚥の全体像を解説している。刊行から約3カ月、続々重版を重ねる大ヒット作だ。

「専門的な言葉をなるべく使わず、誰にでもわかる内容にすることを編集する上では心がけました。それと同時に、著者はお医者さんということで、イラストも含めて医学的に正確な内容にすることにはこだわりました。図版の中には著者の指示で幾度となく修正したものもあります。著者曰く、世の中に出回っている喉の内部を描いたイラストは、細部が間違っているものばかりだそうなのですが、本書のものは正確です。そのおかげか、お医者さんや看護師さんといった医療関係者の方にも読まれているようですね」(担当編集者の三宅隆史さん)

2017年5月発売。初版1万5000部。現在9刷30万部

肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

西山耕一郎(著)

飛鳥新社
2017年5月18日 発売

購入する