昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2016/04/20

家事の根底にある“考え方”も身につく

『すごい家事』 (松橋周太呂 著)

source : 週刊文春 2016年4月14日号

genre : エンタメ, 読書

 著者は、高視聴率を誇る情報バラエティ番組『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系列)で「家事えもん」として活躍し、主婦層の知名度が抜群なタレント。本書は、番組で扱った家事全般の実践的なテクニックを1冊の本にまとめたものだ。しかし番組の過去の内容は、公式サイトなどでも確認できる。本書の企画は、「本」という形ならではのより深い内容を目指して立てられたという。

「弊社には《正しく暮らす》シリーズという、『掃除』『料理』といったひとつのテーマに特化した実用書ではない、トータルなライフスタイルを提案するハウツー本のラインナップがあります。本書もそうした、暮らし全般に対する提案という切り口の本にしたかったんです。参考にさせていただいたのは、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)。ただ小手先の技術ではなく、『片づけ』という行為の根底にあるメンタルの部分を形にして成功された本です。実用書はただ知識を手に入れてもダメで、血肉にならなければ意味がない。そう思うと、考え方とセットで知識が手に入る読み物形式が、家事の本にも向いているのでしょう。この本もそうした本になることを目指して作っていきました」(担当編集者の吉本光里さん)

 本書によれば、年末ではなく夏休みこそが大掃除に最適なのだという。手にとって、意識改革をはかってはいかがだろうか。

すごい家事 - 人生の「掃除の時間」をグッと縮める -

松橋 周太呂(著)

ワニブックス
2015年12月4日 発売

購入する

2015年12月発売。初版1万部。現在6刷22万部

はてなブックマークに追加