昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載尾木のママで

尾木 直樹
2017/10/19

パーティに登場した「羽生ゆずれない」さんにサプライズ――尾木ママ

イラスト 中村紋子

 今月五日、ボクの主催で、パーティ「尾木ママ♥秋の大感謝祭」を開催! 古希、大学の定年退官という節目の年に、テレビ・ラジオの共演者やスタッフはじめ広告・出版など色んな分野でお世話になってきた方々をお招きしたの。

 ボク、パーティの主催って初めて。終わった後は疲れて寝込むんじゃと心配してた。でも、杞憂でした。翌日からの番組収録、生出演、地方出張、全然疲れない。体が軽く歩く速度もUP、頭スッキリ視力冴え冴え。「金箔パック」直後とソックリの状態なの!

 パーティの司会をしてくださったのは中山秀征さん。

「美輪明宏さんになりきった写真がよかった」と言ってくださった。そう、ボク、尊敬する美輪さんに外見だけでも近づきたいと、メイクや衣装を真似た姿を撮影。その写真をパーティの席上で公開したの。八十歳を過ぎてなお美しく若々しい美輪さん。生き方のモデルとしても憧れている人になりきれるなんて、一生の思い出。なんと、この号(週刊文春2017年10月26日号)のグラビアでも掲載していただいた。ぜひ見てくださいね!

 宴もたけなわという頃、サプライズ登壇したのは羽生結弦選手!? プーさんの抱き枕のプレゼントまでされて舞い上がっていたら、なんとゆづのそっくりさん「羽生ゆずれない」さんだったの! ボク、本気でゆづだと信じ込んでいたからすぐには状況が理解できなかったわ(笑)。

 パーティを終え、本当に多くの方に支えていただいたお陰で今のボクがあるんだってことを、改めて深く実感したわ。皆さんとのご縁や絆こそ、今のボクのパワーの源です。

 ある研究によると、孤独は老化につながるとか。九十歳以上が二百万人超、働く六十五歳以上が七百七十万人という高齢社会に突入したけど、アクティブエイジングの観点からも、人とのつながりを大切にしたいわね。新生尾木ママ、時代の先端を行くわヨ!