昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

当時のシュウゴくんは、ちょっと虚言癖がありまして

JxJx んな感じで、シュウゴの放り込んでくる情報は、同級生の領域を超えていたんですよ。一時期よっちゃんと「シュウゴ、大丈夫か?」と心配するくらい先を行っていたんです。当時、「SEDITIONARIES」っていうパンクのブランドがあって……。

岡宗さん

岡宗 それこそ、Sex Pistolsが着てたやつや。

JxJx 中学時代にそれが復刻されて、「どこで買えるんだ?」って話になったとき、僕らが普段行動していた神戸の三宮を飛び越えて、シュウゴは大阪のアメリカ村まで行っちゃうんですよ。で、「アメ村でSEDITIONARIESの服を見た」と言うんです。でも僕とよっちゃんはシュウゴのことが信用できなくて。

ナオヒロック 当時のシュウゴくんは、ちょっと虚言癖がありまして(笑)。嘘すぎてこっちが突っ込めないような話をするんですよ。

JxJx 「中国で200メートルのシャケが見つかったんやで」とか言うわけです。そういうファンタジックな話の中に、「SEDITIONARIESが大阪で売ってた」って話があって。

ナオヒロック UMA発見みたいな感じに聞こえたからな。嘘っぽいねーって。

JxJx よっちゃんと悩みながらもアメ村に行ったら、本当にSEDITIONARIESが売ってて、「あー、シュウゴ、ゴメン!」って(笑)。

ナオヒロック たまに本当のこと言うねん。ややこしい。ハイビスカスの話、すごかったよな。

岡宗 これはホンマ、嘘じゃないのよ! 1985年だったかな、ユニバーシアード神戸大会っていう大学生のオリンピックが開かれて、選手村ができたのよ。マット・ビオンディとかカール・ルイスも……、カール・ルイスは来てないか。

ナオヒロック ほら、もう怪しい!

ブラつけるまでいかない子の胸、丸見えやねん

岡宗 時代背景的にはカール・ルイスが活躍してた頃って話よ。マット・ビオンディはマジでおったぞ。ユニバーシアードの最初に小学生がマスゲームを披露するっていうのがあって、俺ら参加したよな。

JxJx 地元の小学生が集まってね。

岡宗 小学校3年くらいから3年間くらいマスゲームの練習させられて。あのとき支給されたアディダスの黄色い上下の服があったやん。上がノースリーブのやつ。当時、同級生の女の子は、ちょうどブラをつける、つけないって時期なんですよ。そのノースリーブの服、アームホールが広すぎてブラが脇から見えるんですよ。しかも、まだブラつけるまでいかない子の胸、丸見えやねん。そのとき、女の人のおっぱいって、最初は乳頭部が前に出てきて、とんがり始めるものなんだってわかって。

JxJx 当時もその話してたな(笑)。

岡宗 女の子のお母さんが見て「これはアカン」となって、シャツの脇の下を縫い始めてん。そうすると、服のシルエットが変わるねん。おっぱいの大きさに合わせて各家庭で縫い約(つづ)めるから、せっかくお揃いの服なのに印象がバラバラになって……、あ、ごめん。そんな話はどうでもええねん。ほんで、そのユニバーシアードの選手村に外国人選手を見にいって、外国人からサインとピンバッジをもらって集めるブームが起きて。