昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池坊保子氏「モンゴル人は狩猟民族のDNA」発言の見識

一方、トランプはぶち切れ──今週の珍言・暴言・問題発言

2018/01/13

池坊保子 日本相撲協会・評議員会議長
「(モンゴル人は)狩猟民族だからね。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良い悪いは別にして、DNAかもしれないわ」

『週刊文春』1月18日号

 年始からの名言、珍言、問題発言を振り返る。年をまたいでも一向に収束する気配がない大相撲に関する騒動。そんな中、日本相撲協会の中でも強い権限を持ち、貴乃花親方を批判し続けてきた池坊保子氏が問題発言をぶっ放した。

日本相撲協会の臨時評議員会後、記者会見する池坊保子議長 ©時事通信社

 池坊氏は『週刊文春』の取材で、張り手やかち上げなどを繰り返す横綱白鵬の取り口を「(ルールが)ある以上は『張り手した』と、ガーガー(批判を)言わないで。理事会で取り上げてほしい」と擁護。その上で、「(モンゴル人は)狩猟民族だからね。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良い悪いは別にして、DNAかもしれないわ」と語った。

 池坊氏の発言に対して、評論家の荻上チキ氏は「どの地域にもいろんな農耕のスタイルがあり、いろんな放牧のスタイルもあり、いろんな狩猟のスタイルなどなどもあるわけですね。なのになぜ、日本人は狩猟ではなく農耕民族で、たとえば○○は狩猟で……みたいな分け方をした上で、だからこういう風な行動になるんだ、みたいな一括りにする議論がいまだに生存しているのかがわからない」と強く批判(TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』1月10日)。さらに「『民族』と『DNA』ってどんな関係があるんだ?」「早くそういった文明論は滅びてほしいなと思っている」とも語った。

理事解任の処分を受けた貴乃花親方 ©JMPA

 なお、池坊氏は第一次安倍政権下で相撲協会の監督官庁でもある文科省の副大臣を務めていた。こんなに見解の浅い人が日本の教育をつかさどる省庁の要職を務めていたとは信じられない。

ドナルド・トランプ 米大統領
「なぜ便所のような国の出身者を受け入れるのか」

CNN.co.jp 1月12日

 トランプ米大統領が移民問題に関する議員らとの非公開協議の中で、「なぜ便所のような国の出身者を受け入れるのか」と述べたことがわかった。

 協議では、民主党のディック・ダービン上院議員と共和党のリンジー・グラハム上院議員が、移民多様化ビザ抽選制度による受け入れ人数を半減した上で、残りはアフリカ諸国やハイチなどに割り当てる提案を行った。トランプ氏が言う「便所のような国」とはアフリカ諸国やハイチを指す。ホワイトハウスの報道官はこれらの発言を否定していない。トランプ氏は昨年6月の会議でもハイチからの入国者を「皆、エイズにかかっている」、ナイジェリア人が自国の「掘っ立て小屋に帰らない」と発言したと報じられている(産経ニュース 1月12日)。正気とは思えない。

書店に並んだトランプの暴露本『Fire-and-Fury』 ©ABACA-PRESS時事通信フォト

ドナルド・トランプ 米大統領
「(金正恩朝鮮労働党委員長と)おそらく非常に良い関係を築ける」

ロイター 1月12日

 こちらはちょっと良いニュース(?)。トランプ米大統領は11日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と「おそらく非常に良い関係を築ける」と答え、柔軟な姿勢で関係を構築することに意欲を示した。

 また、まもなく開催される平昌五輪・パラリンピック期間中の米韓合同軍事演習の延期について、「北朝鮮に良いメッセージを送ることになる」と語り、北朝鮮に配慮していることを示唆した。

 北朝鮮は平昌五輪への参加を正式に表明している。平昌五輪の開会式には、トランプ政権ナンバー2のペンス副大統領の出席が決まっており、北朝鮮の政権ナンバー2である崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長や金正恩委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏らとの接触があるかどうかが注目されている(テレ朝news 1月11日)。