昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載危険すぎる中国産食品

中国発「汚すぎるゴミ畑」の実態~農薬の空瓶、点滴パック、注射器まで~

週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品 #9

2018/03/23

「この国の川や畑はゴミ捨て場だよ」

 中国で農産物の取材をしていると、そう話す農家が意外と多い。こちらが驚くと、理由がわからないのか、首を傾げる人もいてショックを受けた。今回は、中国で日常的に見かけた“汚すぎるゴミ畑”の実態をお届けしたい。

吉林省長春市郊外の田んぼ。驚愕のゴミが散らばっていた

 写真は吉林省・長春市郊外にある田んぼの光景だ。発泡スチロールや飲料水のペットボトル以外に、農薬の空瓶や見たことのない空容器など、日本ではまずお目にかかれないゴミが散乱している。

「それがどうしたの? ゴミくらい落ちているよ」

 田んぼを管理する農家の男性に話を聞くと、「米や野菜といった農作物はその川の水で作っている」と答えた。ちなみに、中国の土地・農地は国家に所有権がある。農家は国から畑を借りて作物を育てている場合がほとんどだ。だから、自分の畑の衛生環境について、どこか他人事なのかもしれない。農薬の空瓶が落ちている理由を尋ねると「使い終わったからね」と要領を得ない。

 同行していた元米農家の地元タクシー運転手も「昔から畑やその側を流れる川は汚れている。でも、それがどうしたの? ゴミくらい落ちているよ」と不思議そうに笑った。

 どうやら、衛生観念に関する共通認識が根本的に違うようだ。

この記事の画像