昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私の対応がまずかったと思っていますよ」

「文春オンライン」編集部が米倉氏を電話で直撃取材したところ、会見時とはうってかわって腰の低い対応だった。

――記者会見での司会ぶりが話題になっているが、いま振り返ってみてどうか。

「それは私の対応がまずかったと思っていますよ」

――結果的に「日大ブランド」に影響があったと思うが。

「それは……(苦笑)。下げてしまったことは大変申し訳なく思っています」

――今後もアメフト部の問題、広報対応に関わるのか。

「こういうメディアの個別の対応には関わっていますけどね。司会は『もうするな』と言われていますから、しばらくしないと」

――それは、どなたから?

「そんなオーバーな話ではなくて、あれだけ失敗したので、しばらく自重するしかないかなというだけですね。さらにやれとは言われないだろうし」

直撃取材には「お手柔らかにお願いします」と終始穏やかな口調だった

――田中理事長から、アメフト部に関して対応を指示されたことはあるのか。

「全然ありませんね。理事長が出てくる話じゃないんで。つまり学長をトップにした教育関係、部活動の問題です」

――広報部の中でも、米倉さんは田中理事長周りのことを担当していると聞いている。

「そういうことはまったくありません。そんな細かい担当、すごい組織なら別だけど、お問い合わせがあれば何でも対応するというだけです」

――日本大学に職員として入ったのは、もともとは田中理事長の紹介?

「全然関係ないですね、まったく。もともとうちの広報には、共同とか読売とか産経とか、いろんな新聞社のOBが定年後の仕事として入っているんですよ。その中の一環みたいなものですね。手伝ってくれと言われて。すごい特別な関係だと言われているようですけど、そういうのは迷惑です」

「監督の役割は選手を守ること」

 前出の日大理事会関係者が嘆息する。

「一連のアメフト部問題は、みんなが自分の責任を下に押し付けて、ここまでひどくなった。本来、監督の役割は選手を守ることですから。そういう意味では、米倉氏も矢面に立った被害者の一人なのかもしれません」

 司会者の叫びもむなしく地に堕ちた日大ブランド――。再建への道のりは険しい。

この記事の画像