昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

絢子さまは眞子さまの「ご結婚」を待っていた

genre : ニュース, 社会

 6月26日、高円宮家の三女・絢子(あやこ)さま(27)が、日本郵船に勤務する守谷慧(もりや・けい)さん(32)と婚約することが発表された。

2018年、春の園遊会での絢子さま ©時事通信社

 それからわずか2日後の28日、秋篠宮家の長女・眞子さま(26)のお相手・小室圭さんが、弁護士資格を取得するため、今夏から3年間渡米するとメディア各社が報じた。眞子さまと小室さんは、昨年9月に婚約が内定し、2020年に結婚を延期されている。

 今回のように、皇族の婚約という「慶事」と、結婚の「延期」が同時期に重なるのは極めて異例のことだ。

「ネットでは『なぜいま絢子さまが婚約を発表されたのか』と絢子さまに対し一部批判の声もあがっています。しかし、絢子さまの婚約発表は、天皇陛下にお伝えした上でのこと。宮家のみの独断で決められることではありません。宮内庁としても、すべて考慮した上で発表の時期を探っていたとみるべきでしょう」(皇室担当記者)

 絢子さまは、現在いる皇族17人(天皇・皇后両陛下を除く)の中でも、天皇陛下の直系である「内親王」(眞子さま、佳子さま、愛子さま)とは違い、「女王」の立場である。さらに、絢子さまは最年少の「女王」で、一番身位が低い立場であるため、守谷さんにお会いする前から「いつ結婚するべきか」を気にされていたという。

久子さまと絢子さま。2010年、絢子さまがご成年をお迎えになるにあたって公開された 宮内庁提供

「絢子さまは自身の結婚の時期について、陛下の退位、皇太子殿下の即位の関連行事の時期を外すことはもちろん、昨年9月の眞子さまの婚約発表の際にも『仮に良縁があったとしても、今は待たなければいけない』とお考えでした。実際、眞子さまの婚約延期が決まった2月から絢子さまの結婚話が具体化していったのです。守谷さんと絢子さまが出会ったのは昨年末ですが、春には高円宮家の慶事が発表されるのではないかと記者たちがマークしていました。発表に至らなかったのは眞子さまへの“配慮”があったからとみられています」(同前)

この記事の画像