昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

W杯出場0分のリオ五輪世代「僕らは誰ひとり、満足はしていない」

2018/07/02

 日本代表が大ブーイングの中、ポーランドに敗れ、グループリーグ突破を決めた。

 多くの選手が安堵した表情を見せていたが、その中で喜びつつ少し複雑な表情を見せた選手たちがいた。

 リオ五輪世代の選手たちだ。

 このチームには、各世代別に選手のグループが存在する。たとえば「北京五輪世代」は本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司らで、このチームの重鎮だ。「ロンドン五輪世代」は大迫勇也、宇佐美貴史、山口蛍、原口元気、柴崎岳らでチームの主力だ。この両世代はチームの中軸を担っており、今大会では勝利に貢献する活躍を見せている。

 その下の世代にあたる「リオ五輪世代」は、中村航輔、植田直通、遠藤航、大島僚太の4選手である。

鹿島アントラーズ所属のセンターバック、植田直通 ©JMPA

1分もピッチに立っていない「リオ五輪世代」

 ハリルホジッチ監督の時には、久保裕也、浅野拓磨、中島翔哉も日本代表に入っていたが、3人は西野朗監督になってメンバーから漏れた。遠藤ら4人は、まさにリオ五輪世代の選ばれし者といえる。だが、いずれの選手も今回のW杯でまだ出場機会を得られていない。つまり1分もピッチに立っていないのだ。

 なぜか――。チームには序列というものがあるからだ。

 たとえばセンターバックは4名の選手が選ばれている。レギュラーは吉田麻也と昌子源、次いで槙野智章が続き、この3人はグループリーグの3試合でそれぞれ出場を果たしている。植田は、彼らに次いでセンターバックの4番手という序列だ。

「シチュエーションによっては自分の出場があると思うし、出場時間にかかわらず100%で挑みたいと思う。そのために100%で準備したいです」と植田はその時を待っているが、4番手ゆえにピッチまではかなり遠い。

 リオ五輪世代の選手は、いずれも各ポジションにおいて植田のように序列の最後尾に置かれている。