昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『半分、青い。』ヒロイン役・永野芽郁が語った佐藤健との6年前の共演

「フラレたときは心がちぎれそうで、1週間くらいは実生活でも涙がとまりませんでした」

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)を演じる永野芽郁(18)は、ドラマでの“失恋シーン”をこう振り返った。

永野芽郁

 忙しい撮影の合間をぬって取材に応じた永野は、この春に高校を卒業したばかり。ヒロインとの共通点を「マイペースで早口なところ」だと言う。こちらの質問にもテキパキと答える。明るくフレッシュな雰囲気が鈴愛とぴったり重なった。

 ヒロインの鈴愛は1971年生まれ。岐阜県で育ち、漫画家を目指して上京するも挫折。やがて一大発明を成し遂げる。

 ドラマのもう一人の主人公は、佐藤健演じる鈴愛の幼馴染・萩尾律。二人は同じ日に生まれた「運命の人」。永野は佐藤と2012年に映画『るろうに剣心』で共演しているが、そのときの思い出をこう語る。

「屋外での撮影で、私が熱中症で体調を崩したんです。そのとき、『大丈夫? ゆっくり休んでね』と気遣ってくださったのがすごくありがたかった。そんなふうに周りを優しく包み込み、頭の回転が速い方なので、律役が佐藤さんだということを知ったときはすごく安心しました」

「生涯のソウルメイト」として、共に成長する二人

 鈴愛と律は、ただの幼馴染でもなければ、恋人でもない。“生涯のソウルメイト”として共に成長する。その距離感について尋ねると……。

「距離感については、実は、佐藤さんとは少ししか打ち合わせしていません。『あんまり考えすぎないようにしよう』というくらい。2人の関係性を考えすぎると、かえって意識してしまい、大切なものが見えなくなる。だから、感じたまま演じるということを大切にしています」

 岐阜県でのロケ撮影の様子、共演者の松雪泰子や豊川悦司とのエピソードも語った永野のインタビュー全文は「文藝春秋」8月号に掲載されている。

文藝春秋 2018年 08 月号 [雑誌]

文藝春秋
2018年7月10日 発売

購入する