昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“抗う教祖”法廷で見た「麻原彰晃 死刑判決」の瞬間

裁かれる13の事件、その時麻原は……

2018/07/06

genre : ニュース, 社会

鼻を鳴らして唸ってみせたり、意図的ににんまりと笑ったり

 死刑も予想される判決の言い渡し中に昼食を取る、というのもはじめての経験だった。

 もっとも、この時点で裁判所が言及した事件の全てにおいて「弁護人の意見は受け入れられない」「弁護人の主張は採用できない」と、無罪主張をことごとく退けていっていた。あらかたの予測はついていた。

 そんな場面での中断で、被告人は食事が喉を通るものだろうか。

 ちょっと残酷なような気もしながらランチをとって午後の法廷に戻ると、相変わらずの教祖の姿があった。鼻を鳴らして唸ってみせたり、意図的ににんまりと笑った表情を浮かべてみせたりしている。

 

 判決は続く。

 時間を追って、教団が犯していった事件に言及していく。

 そうして95年3月の地下鉄サリン事件にまでたどり着いた。

 無罪主張は全てにおいて否定され、そして、教団の主宰者である被告人が事件の首謀者であることを認定していた。

 それから、量刑の理由を説きはじめる。

ポアするすなわち殺害するという身勝手な教義の解釈の下に

「被告人は、自分が解脱したとして多数の弟子を得てオウム真理教(教団)を設立し、その勢力の拡大を図ろうとして国政選挙に打って出たものの惨敗したことから、今度は教団の武装化により教団の勢力の拡大を図ろうとし、ついには救済の名の下に日本国を支配して自らその王となることを空想し、多数の出家信者を獲得するとともに布施の名目でその資産を根こそぎ吸い上げて資金を確保する一方で、多額の資金を投下して教団の武装化を進め、無差別大量殺戮を目的とする化学兵器サリンを大量に製造してこれを首都東京に散布するとともに自動小銃等の火器で武装した多数の出家信者により首都を制圧することを考え、サリンの大掛かりな製造プラントをほぼ完成し作動させて殺人の予備をし(サリンプラント事件)、約1000丁の自動小銃を製造しようとしてその部品を製作するなどしたがその目的を遂げず、また、小銃1丁を製造した(小銃製造等事件)」

「そして、被告人は、このような自分の思い描いた空想の妨げとなるとみなした者は教団の内外を問わずこれを敵対視し、その悪業をこれ以上積ませないようにポアするすなわち殺害するという身勝手な教義の解釈の下に、その命を奪ってまでも排斥しようと考え、しかも、その一部の者に対しては、教団で製造した無差別大量殺戮目的の化学兵器であるサリンあるいは暗殺目的の最強の化学兵器であるVXを用いることとしてその殺傷能力の効果を測るための実験台とみなし、弟子たちに指示し、以下のとおり、一連の殺人、殺人未遂等の犯行を敢行した」

「そうであるのに、被告人は、かつて弟子として自分に傾倒していた配下の者らにことごとくその責任を転嫁し、自分の刑事責任を免れようとする態度に終始しているのであり、今ではその現実からも目を背け、閉じこもって隠れているのである。被告人からは、被害者及び遺族らに対する一片の謝罪の言葉も聞くことができない。しかも、被告人は、自分を信じて付き従ったかつての弟子たちを犯罪に巻き込みながら、その責任を語ることもなく、今なおその悪しき影響を残している」

被告人に対しては死刑をもって臨む以外に途はない

「他方、被告人は幼い頃から視力に障害があり恵まれない生い立ちであった。将来の希望と目的を持ち、妻子とともにその人生を生き抜こうとしてきた時期もあったであろう。被告人の身を案じる者もいることであろう」

熊本県立盲学校時代の麻原 ©文藝春秋

「しかし、これまで述べてきた本件罪質、犯行の回数・規模、その動機・目的、経緯、態様、結果の重大性、社会に与えた影響、被害感情等からすると、本件一連の犯行の淵源であり主謀者である被告人の刑事責任は極めて重大であり、被告人のために酌むべき上記の事情その他一切の事情をできる限り考慮し、かつ、極刑の選択に当たっては最大限慎重な態度で臨むべきであることを考慮しても、被告人に対しては死刑をもって臨む以外に途はない」