昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「小室圭さんは眞子さまのフィアンセではない」宮内庁伝達の真意とは

「納采の儀」はなぜ現代まで続いているのか?

2018/08/06

 宮内庁は7月17日、秋篠宮眞子内親王と婚約が内定している小室圭さんについて、小室さんの留学予定先である米フォーダム大学に対し、小室さんが眞子内親王のフィアンセではないことを伝達すると発表した(「毎日新聞」2018年7月18日ほか)。

7月31日、ブラジル公式訪問から帰国された眞子さま ©JMPA

 フォーダム大学は先月初め、小室圭さんがロースクールに8月から留学すると発表し、ホームページに小室圭さんのことを「fiance of Princess Mako(眞子内親王の婚約者)」という言葉で紹介していた。これに、宮内庁が待ったをかけたわけである。なぜなのか。宮内庁は2017年9月3日に、「本日、小室圭氏と御婚約が御内定になりました」と発表している。これまで、一貫して「婚約した」ではなく、「婚約が内定した」との表現なのである。その後、2018年2月7日に「ご結婚関係儀式等のご日程の変更について」を発表し、2020年まで結婚関連の儀式を延期することを決定している。

眞子さまと小室圭さんの婚約内定記者会見 ©JMPA

 眞子内親王と小室圭さんは婚約内定記者会見をすでに行っており、2人は「婚約状態」にあると思っていた人は多いのではないか。なぜ、ここまで宮内庁は正式な婚約にこだわり、フォーダム大学へ事実関係を伝達することにしたのか。ここで問題となるのが、皇室のしきたりともいえる儀式「納采(のうさい)の儀」である。