昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

豊洲市場にも必ずネズミはやってくる 築地市場「ネズミせん滅作戦」の無策

4万枚の粘着シートで「築地から出さない」は可能なのか

2018/09/11

genre : ニュース, 社会

 10月11日に豊洲新市場がオープンする。2016年8月に小池百合子都知事が、新市場の土壌汚染問題を理由にオープンを延期して以来、実に2年の時を費やしてのお目見えだ。これにあわせて築地市場も10月6日にその役割を終える。

4日間で行われる大引越し事業

 新市場がオープンする11日までに築地から豊洲への大引っ越し事業がスタートする。東京都の説明によれば、約900の事業者が引っ越しを行い、2トントラックで5300台分、市場内での運搬車であるターレットやフォークリフト2600台もその対象になるという。

築地市場 ©共同通信社

 わずか4日間という短い日程ですべての業者が引っ越す「大事業」が展開されることになる。さて、人や荷物が引っ越していく築地で置き去りにされる運命にあるのが市場に残ったネズミたちだ。築地市場にどのくらいのネズミが生息しているかは明らかではないが、万単位のネズミが生息していると指摘する専門家もいる。

あの手この手のネズミせん滅作戦

 ネズミにとって市場は格好の住処だ。魚の切り落としや油脂、水産加工品、果実の切れ端など大量に出るごみはネズミたちに十分満足できる生活環境を提供してきた。特に市場に多いとされるのがドブネズミで、彼らは水に強く、水を大量に使う市場でも生きていけるという。その住処が奪われるネズミたちが市場の引っ越しとともに、大量に築地から移動を始めることが危惧されている。

 これに対して、市場側も出ていくネズミたちをせん滅しようと躍起になっている。具体的には9月の2度の連休中と、10月10日から始まる建物解体工事に伴っての2回と、計4回にわたって累計4万枚の粘着シート、大量の殺鼠剤の散布、捕獲籠や配管内の防鼠ブラシなど、あの手この手を尽くして、市場からネズミを出さない作戦を繰り広げる。市場を抜け出したネズミたちが築地やその隣にある日本を代表する繁華街銀座に逃げ込む可能性が高いからだ。

©iStock.com

 ネズミは予知能力が高いといわれる。昔から沈没する船は出航前に船内にいたネズミたちが逃げ出すといわれた。映画「タイタニック」でも満足顔で船に乗り込む乗客たちをしり目に大量のネズミたちがロープをつたって船から逃げだすシーンがある。また地震が起こる前に、ネズミが動揺して逃げまわることも知られている。市場の移転を予知したネズミたちはすでに移動を開始しているのかもしれない。築地市場にいるネズミを一網打尽にできるかといえば担当者の意気込みとは裏腹におそらく無理難題というものだろう。

この記事の画像