週刊文春 電子版

打つ前と後に読む!ワクチン接種マニュアル

《かかりつけ 集団 職域 大規模の選び方》《打った方がいい曜日 時間帯》etc.

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 医療 ヘルス

 1回目の接種を終えた人が全人口の18%を超え、64歳以下の予約や職域接種が本格的にスタートした新型コロナワクチン。だが、副反応や死亡との因果関係をはじめ、不安を感じている人も少なくないはず。専門家たちの知見をもとに手続きや疑問を徹底解説する。

 高齢者の47%が1回目の接種を終えた新型コロナワクチン。64歳以下にも接種券(クーポン券)が届き始め、6月21日から職場や大学で行われる職域接種も本格的にスタートした。どこで打つのがいいのか、副反応や接種後の過ごし方は――。これから打つ人も、1回目の接種を終えた人も、このマニュアルをもとに疑問や不安を解消していこう。

 現状、日本では米ファイザー、米モデルナ、英アストラゼネカの3社のコロナワクチンが承認されているが、実際に接種が行われているのはファイザー製とモデルナ製の2種だ。

現在日本で打てるワクチンはファイザー製とモデルナ製の2種類

 2種類のワクチンの効果に違いがあるのか。

 多摩ファミリークリニックの大橋博樹院長が語る。

「どちらもm(メッセンジャー)RNAワクチンという新しいタイプのワクチンです。効果において有意な違いはありません

大橋医師

 臨床実験ではファイザー製で95%、モデルナ製は94%の発症予防効果が確認された。また海外では実際に接種が始まっても90%以上の有効率で発症を抑えることが示されている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月1日号

文春リークス
閉じる