週刊文春 電子版

“セクハラ大魔王”河村たかしに直撃100分

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 8月16日。給料3カ月分(約150万円)の返上を会見で発表した直後、名古屋市長の河村たかし氏(72)が小誌の取材に応じた。自宅兼事務所に入ると、虚ろな目をした河村氏が座っている。第一声は、

「情けないですわ。72歳にもなって」

金メダルをガブリ

 事件が起きたのは8月4日。名古屋市出身の東京五輪ソフトボール日本代表・後藤希友(みう)選手(20、トヨタ自動車)から表敬訪問を受けた河村氏は、「(金メダルを)かけてちょうだい」と要求し、首からかけられると突然、「こうやって」と言いながらガブリと金メダルに噛みついた。カチッと音をたてて噛んだ後は満面の笑みで、「焼酎飲むのなら、わしも金メダルもらえるけど」などと意味不明な発言を連発。その後も暴走は止まらず、「旦那はええかね? 恋愛禁止かね?」などと発言。カメラマンが顔写真を撮っていると、後藤選手に向かって「アップに堪えれるかな」と言い放ったのだった――。

 衆院議員だった河村氏が名古屋市長になったのは09年のこと。「庶民派」をウリに自転車で街を練り歩く選挙戦を展開した河村氏は、当時過去最高の51万票を得て圧勝。今年4月に行われた市長選も制して4期目に突入している。

 今回の一件を受け、河村氏はハラスメント講習を受けたというが、市政関係者は、こう呆れる。

「講習で直る次元ではない。無礼で下品な言動は枚挙に暇がなく、いくら注意されても直らないんですわ。皇族の方々に対しても、です」

「かてゃ~こと言うな」

 地元の名門ホテルとして名高い名古屋観光ホテル。19年6月1日、同ホテル18階の広間では、植樹祭のために愛知県を訪れていた天皇と雅子さまとの昼食会が開かれていた。天皇の左側には河村市長が座り、宮内庁長官や警察庁長官など13名は、緊張の面持ちで席についていた。

天皇の隣で会食

「陛下が1人ずつ、名古屋の状況などについてご質問されるのですが、市長の番になり、その場が凍り付いたのです」(出席者)

 名古屋の経済について天皇が質問されると、河村氏は待ってましたとばかりに名古屋弁で「よ~聞いてちょった」と話し始め、「東京は、クソ威張っとるけども」などと、東京より名古屋が日本経済の中心だという主旨の話を続けたというのだ。

「陛下に向かって“クソ”という単語を使うなど余りに非常識で言語道断。その場で出席者から、『お言葉遣いにもう少しご配慮ください』と注意されていましたが、市長は聞く耳を持ちませんでした」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月26日号

文春リークス
閉じる