週刊文春 電子版

写真集発売「ピアノの貴公子」に不倫・モラハラ告発 

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 音楽

「お願いだから、結婚してください」

 2020年2月、横浜みなとみらい。観覧車から夜景を見下ろしながらの情熱的なプロポーズ。「うれしい」と快諾したA子さん(27)は、その後、恐怖のどん底に突き落とされることになる――。

 A子さんと永遠の愛を誓ったのは売り出し中の“イケメンすぎるピアニスト”大井健(たけし)氏(38)。06年、国立音大卒業と同時にオペラユニット「レジェンド」の専属ピアニストに。11年にメジャーデビューし、ピアノデュオ「鍵盤男子」としても多くのメディアに出演した。

「16年に出演したソニーのCM『だから私は、Xperia。』で見覚えのある人も多いのでは。昨年には集英社からフォトブック『Piano man』も刊行。全国ツアーには彼目当ての女性ファンが殺到します」(レーベル関係者)

昨年発売されたフォトブック

 現在は全国13都市、16公演を回るリサイタルツアーを開催中。8月14日のバースデーライブ、10月のリサイタルのチケットも完売するなど、一部女性ファンの心を掴んで離さない。だが、そんなファンが減るのを恐れ、昨年8月の入籍は今も伏せられたまま。今回、妻・A子さんの親族が告発するのは、爽やかなピアノの貴公子の裏の顔だ。

「結婚後4カ月で別居したA子は、昨年末から九州の実家で暮らしています。睡眠薬を常用しても眠れず、やっと眠れても、彼に首を絞められたときのことを思い出し、その夢で飛び起きるような毎日です」

 この親族が、A子さんから相談を受けた際の詳細な記録やメール、「心的外傷後ストレス障害」の診断書などをもとに再現したのは、次のような経緯だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月26日号

文春リークス
閉じる