週刊文春 電子版

東京オリパラ“消された告発”全部書く 劇薬盗難、警察官クラスター

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ
9月5日に閉幕したが……
9月5日に閉幕したが……

「安全最優先の大会を実現し、大きな問題なく、大会を開催できた」

 9月5日に幕を閉じた東京五輪・パラリンピック。組織委員会の橋本聖子会長(56)は、翌6日の記者会見でそう胸を張ったが――。

 演出責任者の交代など迷走を重ねてきた五輪の開閉会式。一方、パラリンピックの開閉会式は好評を博した。何が違ったのか。

パラ閉会式の台本
全ての画像を見る(4枚)

「あまり知られていませんが、もともとパラの開閉会式は、佐々木宏氏が演出責任者でした。ところが『花形の五輪をやりたい』と五輪の演出に乗り出し、昨年春にMIKIKO氏から責任者の座を奪った。今年3月、“侮辱演出案”で退任したものの、結局、政治家が強く要望した市川海老蔵や木遣りの演出は盛り込まれました。一方、佐々木氏が去って以降、パラは政治の介入は皆無だった。クリエイターの意向が優先された結果、ストーリー性を重視した演出内容になったのです」(組織委関係者)

 そんな中、五輪開会式で数少ない好評を博した演出が、約1800台ものドローン飛行だった。だが、セレモニー関係者が明かす。

「本来はピクトグラムのパントマイムに合わせて、ドローンが上空にピクトグラムを描く演出が用意されていました。『イマジン』の歌詞をドローンで上空に表示する演出も予定されていた。ところが、公表されていませんが、前日にドローンの一部に不具合があったそうです。無観客とはいえ、国立競技場周辺には多くの人々が集まることが予想された。急遽、当日これらのシーンをカットし、事なきを得ました」

 しかし、こともあろうに大会期間中、パラ選手を危険に晒す事故が起きていた。8月26日、選手村内でトヨタの自動運転車「eパレット」がT字路を右折する際、視覚障害を持つ柔道男子81キロ級代表の北薗新光と接触したのだ。

自動運転車がパラ選手に接触

「北薗は脳震盪の可能性も指摘され、翌々日に控えていた試合に出られなくなってしまったのです」(スポーツ紙記者)

 トヨタの豊田章男社長は「パラリンピック会場なので、ひょっとしてという想像力、配慮が欠けていた」と謝罪したが、実は五輪期間中からたびたびその危険性が指摘されていた。

 選手村関係者が訴える。

「ランニングやサイクリングをしている選手らに出くわし、自動運転車が急停止するケースもあった。雨が降ると、緊急停止したことも。乗客が怪我をするリスクも高かった。『自動運転車は危険だ』という声は上がっていましたが、一向に改善されなかったのです」

 こうした危険性は、組織委も把握していたという。

「自動運転車の視界から死角になる場所が多数ありました。そのため、トヨタ側も警備員や誘導員を増やすよう組織委に申し入れていた。ところが、その要望が叶えられることはありませんでした。問題を先送りにしているうちに、視覚に障害を抱えるパラ選手に接触してしまった。『アスリートファースト』とは真逆の事態が起きたのです」(同前)

 トヨタの回答。

「(自動運転車が選手に接近し、急停止した)事実はございません。組織委とも密に連携を取りながら様々な対応を検討・実施しておりますが、詳細についてはご容赦頂ければと思います」

 安心・安全を支える警察にも問題は起きていた。全国の警察官を集めて作られた「特別派遣部隊」から80人以上の新型コロナ感染者が確認されたのだ。

「寝泊まりはプレハブ宿舎でしたが、1部屋の定員は8人。部屋には2段ベッドが4つに、小さなテーブルが1つあるだけでした。支給される食事は、揚げ物ばかりの高カロリーな弁当です。全員が同時に食べるスペースはないため、若手は遠慮して床に弁当を置いて食べていました」(警察関係者)

仮住まい用のプレハブ宿舎

 そして、感染が広がっていった。実際に五輪で感染した警察官が嘆く。

「プレハブを1棟、患者の隔離用にしていたのですが、医師や看護師はいません。無症状の陽性者が発熱患者を看病することもありました。薬は市販のロキソニンなどを渡されるのみ。後に病院で経緯を説明したら『あり得ない』と怒られました」

 こうした不十分な感染対策の結果、クラスターが起きたのが、兵庫県警(感染者33人)、和歌山県警(17人)、山形県警(14人)の派遣部隊だった。中でも山形県警は、感染者全員がワクチン未接種。県警本部長は「『警察だけ優先』とは言い出せなかった」と振り返ったが、「実情は異なる」と山形県警の現役警察官が小誌に告発する。

「当初は、上司から『外周警備担当だからコロナには感染しない』と言われていました。ところが実際には通行人やスタッフ、五輪関係者の外国人などから頻繁に話しかけられ、感染リスクは相当高かった。選ばれたのは、若くて独身の人が中心。感染しても家庭内感染を防げると考えたのでしょうが、せめて他の県警と同じようにワクチンは打っておきたかった……」

全国から派遣された警察官

橋本氏や森氏に功労章を授与

 地元に戻ってからの県警の対応にも「不信感を募らせている」と明かす。

「未だにコロナの後遺症に悩み、職場復帰できない人もいます。にもかかわらず、すぐに職場に出るよう求められる。不満を抱いた感染者の家族が県に苦情を訴えると、所轄署を通じて、『県や本部にいきなり連絡は困る。不満があるなら先に職場に言え!』と“恫喝”されたのです」(同前)

 山形県警の回答。

「任務の内容によって感染しないといった旨の説明はしておりません。(コロナの症状で)通院している警察官がいるのは事実です」

 さらに、安心・安全に大きな疑義が生じるこんな事態まで――。

「世田谷にある馬事公苑では馬術競技が行われていました。ところが9月3日夕方、その会場から薬品が幾つか消えているのが発覚した。盗まれた可能性が高く、すでに警察は盗難届を受け取っています」(捜査関係者)

 盗まれた薬品には、劇薬も含まれていたが、管理が杜撰だったという。

「筋弛緩剤なども盗まれたようですが、倉庫の鍵を開けっ放しにしていた上に、パラの競技が終了した8月30日から在庫のチェックをしていなかった。いつ盗まれたのかも分からない状態なのです」(同前)

 だが、こうした状況に陥っても、組織委の“隠蔽体質”は変わらない。

「スタッフらは連日調べを受けていますが、組織委は破棄とするか、盗難とするか発表内容を悩んでいる。周囲には『表に出ないように』と箝口令を敷いています」(組織委幹部)

 組織委に確認を求めたところ、劇薬の盗難について以下のように回答した。

「管轄の警察に報告し、現在経緯を調べています」

 橋本氏や組織委前会長の森喜朗氏ら政治家には国際パラリンピック委員会から功労章が授与された一方で、オリパラの現場から相次いだ“消された告発”。アスリートの活躍を隠れ蓑に、不祥事が隠蔽されてはならない。

組織委の橋本聖子会長

source : 週刊文春 2021年9月16日号

この記事の写真(4枚)

文春リークス
閉じる