小山田圭吾 懺悔告白120分「障がい者イジメ、開会式すべて話します」

「検証」東京五輪 

中原 一歩
ニュース 社会

 五輪開会式の作曲担当だったが、雑誌で“障がい者イジメ”を語っていたことが発覚し、辞任に追い込まれる。手掛けた番組は放送を見合わせ、出演予定のイベントも辞退。表舞台から姿を消していた男が初めて語った――。

 

(なかはらいっぽ 1977年、佐賀県生まれ。19歳で上京し、2008年からノンフィクション作家として活動。著書に『私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝』(文藝春秋)、『「㐂寿司」のすべて。』(プレジデント社)等。最新刊は『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社))

「これまで味わったことのない恐怖感がありました。事務所に家族への誹謗中傷、殺害予告も届きました。しばらく家には帰れなかったので、ホテルに避難したりして。まともな精神状態ではいられず、7キロほど痩せました。ただ、自分の浅はかで愚かな行為が招いたことですので……」

 9月上旬、小山田圭吾氏(52)は取材場所に黒のパンツに白の半袖シャツ姿で現れた。90年代の音楽シーンを席巻した“渋谷系”のカリスマは、心なしほっそりしたように見える。緊張していたのだろう。時折、声を震わせながら、約2時間のインタビューに応じた。

渋谷系のカリスマと呼ばれた

 過去の“障がい者イジメ”が発覚し、東京五輪開会式の作曲担当を辞任して以降、メディアの取材に答えるのは初めてとなる。なぜいま、沈黙を破ったのか。

「今回の騒動について、どこかのタイミングで、自分から説明をすべきだと考えていました。また改めて謝罪の思いも伝えたかった。ただオリンピック・パラリンピックには、僕のことで迷惑をおかけした関係者の方が大勢いらっしゃいます。話をするにしても、全ての行事が終了したタイミングにしたいと考えていました」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年9月23日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫