週刊文春 電子版

小山田圭吾 懺悔告白120分「障がい者イジメ、開会式すべて話します」

「検証」東京五輪 

中原 一歩
ニュース 社会
取材時は憔悴した様子だった
取材時は憔悴した様子だった

 五輪開会式の作曲担当だったが、雑誌で“障がい者イジメ”を語っていたことが発覚し、辞任に追い込まれる。手掛けた番組は放送を見合わせ、出演予定のイベントも辞退。表舞台から姿を消していた男が初めて語った――。

 

(なかはらいっぽ 1977年、佐賀県生まれ。19歳で上京し、2008年からノンフィクション作家として活動。著書に『私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝』(文藝春秋)、『「㐂寿司」のすべて。』(プレジデント社)等。最新刊は『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社))

「これまで味わったことのない恐怖感がありました。事務所に家族への誹謗中傷、殺害予告も届きました。しばらく家には帰れなかったので、ホテルに避難したりして。まともな精神状態ではいられず、7キロほど痩せました。ただ、自分の浅はかで愚かな行為が招いたことですので……」

 9月上旬、小山田圭吾氏(52)は取材場所に黒のパンツに白の半袖シャツ姿で現れた。90年代の音楽シーンを席巻した“渋谷系”のカリスマは、心なしほっそりしたように見える。緊張していたのだろう。時折、声を震わせながら、約2時間のインタビューに応じた。

渋谷系のカリスマと呼ばれた
全ての画像を見る(6枚)

 過去の“障がい者イジメ”が発覚し、東京五輪開会式の作曲担当を辞任して以降、メディアの取材に答えるのは初めてとなる。なぜいま、沈黙を破ったのか。

「今回の騒動について、どこかのタイミングで、自分から説明をすべきだと考えていました。また改めて謝罪の思いも伝えたかった。ただオリンピック・パラリンピックには、僕のことで迷惑をおかけした関係者の方が大勢いらっしゃいます。話をするにしても、全ての行事が終了したタイミングにしたいと考えていました」

 騒動の発端は、東京五輪の開会式9日前、7月14日に組織委員会が演出チームのメンバーを発表したこと。その一員として、小山田氏の名前もあった。その直後――。

 過去の雑誌のインタビューで、障がいを持つ同級生へのイジメを、武勇伝のように語っていたことが、SNS上で一気に広まった。

 小山田氏は16日、公式サイトで謝罪コメントを発表する。ただ小山田氏が開会式のメンバーを辞職せず、組織委員会も「最後まで尽力して頂きたい」としたこともあり、一向に批判の声は止まなかった。結局、発表からわずか5日で、辞任することとなったのだ。

 小山田氏が告白する。

「実は雑誌に掲載されていたイジメについては、実際に僕が行ったものではないものも多い。その真相を説明したいと思います」

 過去の雑誌で彼はどのようにイジメを語っていたのだろうか。代表的なのは2誌ある。

 一誌目は『ロッキング・オン・ジャパン』(1994年1月号)である。

『ロッキング・オン・ジャパン』(1994年1月号)

 インタビュアーの山崎洋一郎氏に、和光学園時代の思い出を振られる中で、次のように答えている。

〈いじめてた。けっこう今考えるとほんとすっごいヒドいことをしてたわ〉

〈全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ〉

 もう一誌が『クイック・ジャパン』(1995年8月号)。記事のタイトルはその名も「いじめ紀行」だ。村上清氏というライターが、小山田氏の過去のイジメ話を聞き、小山田氏と被害者に対談をしてもらおうとした企画だ。対談は実現しなかったが、小山田氏は取材に、沢田君(仮名)という障がいを持つ同級生にイジメをしたと語っている。

『クイック・ジャパン』(1995年8月号)

〈段ボール箱とかがあって、そん中に沢田を入れて、全部グルグルにガムテープで縛って、空気穴みたいなの開けて(笑)〉

 別の同級生への壮絶なイジメも披露した。

〈掃除ロッカーの中に入れて、ふたを下にして倒すと出られないんですよ〉

〈(筆者注・プロレス技をかけていると)なんか先輩が現われちゃって。(中略)洗濯紐でグルグル縛りに入っちゃってさ。素っ裸にしてさ。そいでなんか『オナニーしろ』とか言っちゃって〉

 22ページにわたる記事には、学生時代の冗談では済まされない過去の悪行が綴られている。では一体、どこが事実ではないのか。

同級生を段ボールに入れて…

――「全裸にして紐で縛って、オナニーさせて、ウンコを喰わせた」のは事実?

「たぶんその話が一番拡散されてしまっているのですが、事実ではありません」

――どこが違うのですか?

「自慰行為に関しては、中学の修学旅行のときのことでした。留年して同じクラスだった上級生と、僕は一緒の部屋でした。友だち数人とプロレスごっこをしていると、そこにその上級生が部屋に入ってきて、同級生の一人を裸にしたり、紐で縛ったり、自慰行為を強要したのです。行き過ぎた行為でしたが、怖くて止めることができず、傍観者になってしまったことがありました」

――「ウンコを喰わせた」というのは?

「排泄物に関しては別の話です。小学校の頃、何でも落ちているものを口にしてしまう同級生がいました。枯葉とか蟻んことか。その彼が下校している時に、道に落ちていた犬のウンコを食べて、ぺっと吐き出して、それをみんなで見て笑っていたという話をしたんです」

――自ら手を下したわけではないということ?

「僕が強要したり、行わせたわけではありません」

――では実際に行ったイジメはどれでしょうか。

「ロッカーに同級生を閉じ込めて蹴飛ばしたこと。それと小学生の頃、知的障がいを持った同級生に対して、段ボールの中に入れて、黒板消しの粉を振りかけてしまったことがあったのは事実です。相手の方には、本当に申し訳ないことをしたという思いです」

――『ロッキング・オン・ジャパン』では100万円近く万引きをしたという話も出てきます。これは?

「当時、万引き事件があって、学年集会で話題になったんです。自分が万引きしたわけではないのですが、その時、その現場にいたのは事実で、他の生徒の前で謝罪するということがあったのは記憶しています」

 実際に小山田氏が行っていないことが、なぜこんなにも雑誌のインタビューでは、自分で行ったかのように語られているのだろう。

「インタビューではその場を盛り上げるために、自分の身の回りに起きたことも含めて語ってしまいました。でも『ロッキング・オン・ジャパン』は原稿の内容を事前にチェックできませんでした。そういう約束で引き受けた僕も悪いのですが、記事になったのを見て、ショックを受けました。全部自分がしたかのように書いてあり、後悔をしました」

 では雑誌に対して抗議はしなかったのか。

「後日、ライターの方に会った時、その違和感を伝えたと思います」

 小山田氏は記事を書いた山崎氏とトークショーに出演。当時のやりとりが雑誌『SPYS 94年SPRING』に残っている。小山田氏は「あの日の僕は、どうかしていた」「読んでもいいけど、あんまり信じないように(笑)」と語っている。

――違和感があったのならば、なぜその翌年、『クイック・ジャパン』の取材を受けたのか、疑問が残ります。

「ライターの方に当初、『イジメた相手との対談を』という依頼をされたのですが、最初は受けるべきではないと判断して断ったんです。でも何回か『協力してくれないか』とお願いされて、引き受けてしまったんです。間違って広まってしまった記事を修正したいという気持ちもあったと思います」

――そもそもなぜ雑誌で、過去の“イジメ”を語ったのでしょうか。

「当時はそれまで同級生の小沢健二と組んでいた『フリッパーズ・ギター』を解散し、『コーネリアス』としてソロで活動を始めた頃でした。自分についていたイメージを変えたい気持ちがあった。そこで敢えてきわどいことや、露悪的なことを喋ってしまいました」

――自分のイメージとは?

「当時、アイドル的というか、軽くてポップな見られ方をしていました。極めて浅はかなのですが、それをもっとアンダーグラウンドの方に、キャラクターを変えたいと思ったのです」

――それでイジメを武勇伝のように語ったと。

「武勇伝のように語ったつもりはありませんが、同級生には雑誌で語ってしまい、申し訳なく思っています。またご家族や、同じような経験をしてこられた方が、雑誌で語られることでどんな思いをされるか、当時の自分には、まったく想像が出来ていなかった。本当に恥ずべきことだと思っています。長年、この件が重くのしかかっていました」

 この衝撃の“イジメ告白”は、ファンや音楽関係者の間では、周知の事実だった。2000年代以降、2ちゃんねるやブログでも定期的に話題になっている。だが小山田氏は、その後も、雑誌の内容について釈明や謝罪はしてこなかった。

「その時々で話題になっていることは知っていました。ただ2ちゃんねるやブログに、どのように対応すれば良いか分からなかったのです。正直、自分から取り上げることで、話が大きくなってしまう恐怖もあり、なかなか一歩を踏み出すことが出来ませんでした」

 小山田氏が音楽を担当していたNHKの番組にも、2011年と2017年に視聴者から苦情が来ていた。

「問い合わせがあったことは、僕にも伝えられていました。その時は、番組側から『事実と異なることが含まれている』『現在は全く違う価値観で制作をしています』と伝えてもらいました。今考えると、あの時点で自分の口で説明すればよかった。でもどんどん時間が経ってしまって……」

 そして2021年、五輪開催の年を迎えることになった。奇しくも東京大会のコンセプトは「多様性と調和」。一体なぜ、小山田氏が作曲担当に選ばれたのか。そこには開閉会式の演出チームの迷走も関わっている。

 当初、演出チームの中心は演出振付家・MIKIKO氏だった。だが昨年5月、電通出身のCMクリエイター・佐々木宏氏がMIKIKO氏を“排除”し、自らが演出責任者の椅子に座る。

 今年3月、佐々木氏がタレント・渡辺直美氏の容姿を侮辱するプランを提案していたことを本誌が報じると佐々木氏は辞任。その後、舞台演出家の小林賢太郎氏が演出を統括することに。開会式まで時間が無い中、直前まで混乱は続いた。

 実は小山田氏に依頼があったのも、「開会式の約1カ月前」だったという。

――誰からの依頼でした?

「過去に一緒に仕事をしたことがあるメンバーも制作チームには確かにいましたが、誰というよりもチームの総意ということで、事務所に依頼がありました」

――どんな内容でしたか。

「詳しくは知らなかったのですが、制作チームは直前までに何人も交代していたようです。依頼は、抜けた人の代わりに、『出来上がった開会式の映像の一部に音楽をつけて欲しい』というものでした。コロナ禍で開催することになって複雑な気持ちの方もいらしたと思いますが、開催するのであれば、少しでも良いものを作って協力したいという気持ちがありました。時間は本当にギリギリでしたが、何とか納品できました」

――冒頭の4分間だったようですね。

「最初の方だとは聞いていましたが、そうなんですね」

――炎上しているのを知ったのはいつでしょうか。

「14日にメンバー発表があり、翌朝、息子が『ネットで炎上してる』と教えてくれたのですが、確認できないまま仕事に向かいました。そこで事務所の人間に詳細を教えてもらいました」

――16日に謝罪文を出したのは、組織委と話し合って決めたのでしょうか。

「いえ、組織委員会とは話していません。15日の夜には何らかのコメントをしなければならないと自分で考え、謝罪文を書いていました。事務所は制作チームと連絡をしており、翌日に出させて頂きました」

開会式の冒頭の音楽を任されていた

開会式は見られていない

 謝罪文には〈傷付けてしまったクラスメイトやその親御さんには心から申し訳なく(中略)深い後悔と責任を感じております〉などと記されている。ただ辞職はせず、開会式まで続ける意向を示していた。

――その時点で辞める考えはなかった?

「本当に開会式直前でしたので、もし辞めたらチームに迷惑がかかるのではないかと思い、続けた方がいいのではと考えたのです」

 だが、批判の声は止まなかった。18日、障がい者団体が声明を出した。19日昼、加藤勝信官房長官が「全く許されるものではない」と言及する。

 19日夜、小山田氏は辞意を表明。組織委も開会式の小山田氏担当の4分間の楽曲を取り消すと発表した。

辞任時に出した“謝罪文”

――組織委員会から「辞めて欲しい」という相談などはあったのでしょうか。

「自分の判断です。最後まで組織委員会や政府関係者と話す機会はありませんでした。官房長官が言及される前の段階、19日の朝に制作チームに連絡して辞意を伝えていました。正式には夕方ごろに受理されたのではないでしょうか」

――ギャラなどは支払われたのでしょうか。

「1カ月前のオファーということもあり、正式に契約書にサインすらしておらず、その前に辞任になってしまいました。契約書のやりとりは電通経由だったと思います。もちろん自分の意思で辞任を申し出ましたのでギャラも発生していません」

――ちなみに開会式はご覧になりましたか?

「いえ、ちょっと精神的に見られる状況ではありませんでしたから……」

 翌日から、小山田氏が関わってきた番組が、次々と放送を見合わせたり、楽曲の差し替えを発表した。8月のフジロックフェスティバルの参加も見合わせた。

「フジロックは自分から辞退を申し出ました。自分が出演すると混乱を招いてしまいかねないということもありますし、満足のいくパフォーマンスが出来る自信はありませんでした。8月には自分が参加しているグループのアルバムが発売される予定でしたが、それも発売中止になりました」

――ではいま仕事は?

「本当に白紙です。自分の過去の過ちに改めて向き合い、知人に頼んで障がい者の方も含めた、人権問題に取り組んでいる心療内科の先生を紹介して貰いました。今回、障がい者団体の方からも厳しいお叱りを頂きました。自分に何が出来るか、先生に時間を作って頂き、相談しているところです」

――楽曲制作は?

「自分は音楽をずっとやってきたので、音楽を続けたいという意思はあります。けれども、自分の作品をすぐ作れる心境には、今はまだありません」

――このインタビューのすぐ後に、アルバムを出すなんてことはないですよね?

「はい。それはありません」

 最後にそう語ると、小山田氏は深くお辞儀をして去っていった。

 

source : 週刊文春 2021年9月23日号

この記事の写真(6枚)

文春リークス
閉じる