週刊文春 電子版

高齢者「症状別」全身チェックリスト それは認知症、心筋梗塞、糖尿病かも

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療 ヘルス

「ワクチン打ったから大丈夫」? いやいや大事なことを忘れていませんか。この1年半、病院から足が遠ざかっている間に、別の病気が忍び寄っているかもしれないのです。リストに思い当たるふしがあれば、まず診察を。

 1年半以上続くコロナ生活。感染を警戒した結果、医療機関への“受診控え”が長期化していることも高齢者にとっては問題だ。

 医学誌「ランセット・オンコロジー」によれば、英国では昨年、潜在的ながん症状のある人の45%が医師へ連絡しなかったと推定される。その結果、コロナ感染者の治療が優先されたこともあり、同国で手術を待つ患者は460万人以上。約30万人が1年以上待機している。受診控えが招いた厳しい現実だ。

 以下の表は、自覚症状別に、疑うべき疾患をまとめた全身チェックリストだ。当てはまる症状があれば医師へ相談し、検診を受けることこそ健康維持の第一歩だ。

 

 がんに限らず、高齢者は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を放置すると命取りになる。2017年に糖尿病の患者数は328万人を突破。過去最多を更新している。

 ホームオン・クリニックつくば院長の平野国美医師が注意を促す。

「糖尿病の自覚症状には、疲労感、喉の渇き、頻尿など。また、最近風邪をひきやすいとか、傷が治りにくいなどもありますが、どれも、不特定的な症状です。気になる場合は主治医と相談し、採血や尿検査を」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる