週刊文春 電子版

3歳児“熱湯虐待男(24)”と母は葬式で“恋人つなぎ” 「1万円でこの子を買い取って」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 世間を怒りと悲しみの渦に巻き込んだ大阪の3歳児殺害事件。シングルマザーの家に入り込み、息子に熱湯を浴びせた無職の男を母親はかばい、「子どもが欲しい」とも。周囲の証言からは2人の奇妙な関係が次々と――。

「担架の上で酸素に繋がれた小さな体は真っ赤に爛れ、頭の毛がまばらに皮膚ごと剥がれ落ちていた。それは惨たらしいものでした……」(現場マンションの住人)

 新村桜利斗(にいむらおりと)ちゃん(享年3)が摂津市内の自宅マンションで亡くなったのは、8月31日のこと。母・A子さんの外出中に、交際相手の松原拓海容疑者(24)が119番通報。救急隊が駆けつけた夕方4時58分には、すでに手の施しようもなかった。

明るく人懐っこい子だった

「心肺停止の状態で自宅マンションの居間に裸で仰向けに横たわっていた。死因は全身火傷による熱傷性ショック死。高温のお湯を5分以上はかけ続け、火傷後、数時間にわたり放置したとみられる。熱湯を避けようとした跡はなく、身動きが取れない状態だった可能性が高い」(捜査関係者)

 殺人容疑で逮捕された松原は「故意に熱湯を浴びせていない。徐々にお湯の温度を上げる遊びをして放置し、気づいたら浴室で倒れていた」と供述。現場マンションの給湯温度は75度まで設定可能だ。マンションの住民女性は、目に涙をためながら首を傾げる。

「ふだん60度や75度にする必要もないから、こんな機能があることすら知らんかった。給湯器パネルは浴室に付いてないので、徐々に温度を上げるにはいちいち台所に行かなあかん。小さい子とそんな遊びしてたなんて話、信じられるわけないやん。熱かったやろに、かわいそうや」

 松原と20代前半のA子さんは昨年の9月に出会い系アプリで知り合い、10月から交際を始めた。年の暮れ頃には、母子家庭で生活保護を受けていたA子さんの自宅に、無職の松原が入り浸るようになる。近所の会社で営業職として働くA子さんの勤務中、松原が桜利斗ちゃんの面倒を見ることも多かった。

母親のA子さんと桜利斗ちゃん

「フリー卒業したわ。たっくん(松原の愛称)は社長さんで、お金持ちやねん」

 当初、友人らにこう惚気ていたA子さんを横目に、周囲は気を揉んでいた。

「松原は『現場系の人材派遣をする会社』と話していましたが、昨年9月に立ち上げたその会社はまるで実態が掴めませんでした。案の定、『会社で作った借金を返すのにカネが足りない』と、A子に消費者金融で70万円借りさせていた。A子は『桜利斗にごはんが食べさせられない』と友人に泣きついて借金したりもして。松原はA子に『早く帰って来い』と束縛しながら、自分は無職のくせに浮気していた」(A子さんの知人)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月7日号

文春リークス
閉じる