週刊文春 電子版

眞子さん小室さん「世紀の会見」全真相

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 一時金も儀式もなく、小室さんが天皇に会うことも叶わなかった異例の結婚。会見で初めて明かされた眞子さんの強い“お願い”、妹・佳子さまとの絆……。眞子さんが“小室眞子”として生きる決意を述べるまでの舞台裏。

 

「彼女の芯の強さは、当時から変わっていないと感じます。おそらく『この機を逃せば皇室から出られない』という気持ちが強いのでは。もう無理することはない、好きにやりなさい、と言って差し上げたいです」

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)が晴れて“小室眞子”となる前日。学習院女子中等科3年生のときに主管(担任)を務めた有島健生氏は、小誌にこう語った。

 10月26日。婚姻届が受理され、夫婦となった眞子さんと小室圭さん(30)は、揃って午後2時からの会見に臨んだ。婚約内定から約4年2カ月。永すぎた春は、かつて会見で2人が見せた僅かなあどけなさを、すっかり消し去っていた。

10月26日の会見での2人

「会見の会場となったグランドアーク半蔵門は、警察共済組合直営のホテルで、警電と呼ばれる警察専用の電話も配備されています。一方、レストランやラウンジは帝国ホテルが運営しており、サービス内容は申し分ない」(宮内庁担当記者)

 会見が行われた“華の間”は、最大で360人が収容できる宴会場。公式サイトによれば、2時間の利用料金は21万円だ。

 世間を賑わせ続けた世紀の結婚劇の締めくくりとなった会見を、民放各局はこぞって放送した。だが、その画面にはなぜか、「LIVE」「生中継」といった文字は無かった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる