週刊文春 電子版

日大のドン・田中英寿の「黒歴史」 弘道会との蜜月、相撲利権… 

西﨑 伸彦

PICKUP!

ニュース 社会

 日本大学の田中英寿理事長(74)がついに司直の手に落ちた。東京地検特捜部から上級庁には、こんな報告がなされたという。

〈特捜部は、すべて当初の予定通り、田中を逮捕いたします。かねてよりご報告の通り、教育を食い物にする社会悪としての田中を、可罰において重い量刑を科す本来目的の、所得税法違反による逮捕です。すべては狡猾な巨悪を油断させるための“死んだふり”が功を奏しました〉

 

(にしざきのぶひこ 1970年岡山県生まれ。立命館大学卒。「週刊ポスト」記者を経て、2006年から「週刊文春」記者。著書に『巨人軍「闇」の深層』(文春新書)。昨年11月に独立、フリーとして取材、執筆を続ける。)

田中氏

 11月29日、東京地検特捜部は約5300万円を脱税した所得税法違反の疑いで田中氏を逮捕した。冒頭の報告はもともと量刑の軽い背任(5年以下の懲役など)ではなく、より重い所得税法違反(10年以下の懲役など)でやるつもりだったと主張する内容だ。

 だが、約7万人の学生数を誇り、私学助成金という公金が年間約90億円もつぎ込まれる日本最大級の大学のトップの逮捕劇には、一筋縄ではいかない紆余曲折があった――。

 駿河台にある日本大学病院。この特別室で身柄を拘束された田中氏だが、それまで3回に及んだ特捜部の任意の事情聴取では、一貫して強気の姿勢だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる