週刊文春 電子版

“経済安保のキーマン”内閣審議官 朝日記者不倫と“闇営業”スクープ撮【虚飾の岸田政権】

朝日新聞が次々にスクープする今国会の目玉法案「経済安保法案」の中身。法案担当の最高幹部は毎週土曜、民間企業で講師を9年にわたり務めている。講義前夜、男は朝日の敏腕女性記者のマンションに泊まり――。

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 今国会での2月下旬の法案提出に向け、山場を迎えている岸田政権の目玉政策「経済安保」。だが法案の調整で日々忙しいはずの当の官僚のトップは、毎週末塾の講師のバイトに勤しみ、さらにその足で女性のマンションへ――。

 1月29日の午前9時前、東京駅に直結するサピアタワーに一人の中年男性が現れた。明るい茶色のウールコートに、黄色のマフラーを身に着けたイケおじ風のファッション。土曜日の朝ということもあり、ビルは閑散としている。

 男性はカンファレンスルームのスケジュールが記された「施設ご利用情報」を確認すると、エレベーターに飛び乗る。その時間に行われていたのは、「不識塾」のみだ。

不識塾行きのエレベーターに乗る

 16時30分、「塾」を終えてエレベーターから降りてきた男性は、慣れた足取りで東京駅の構内を抜け、八重洲南口にあるバス停に向かった。目当てのバスが停まっているのを確認すると、小走りでバスに乗る。

塾が終わって出てくる藤井氏

 向かった先は中央区月島。もんじゃ焼きが名物で、商店街など下町風情が残る人気のエリアだ。バスを降りた男性はスマホの地図を見ながら歩き、川沿いの高級マンションの入口へと吸い込まれていった。

夜、マンションを訪れる

 夕食時だったが一歩も外に出ることなく、部屋の中でゆっくり過ごしたのだろう。男性が出てきたのは23時40分。ロビーには見送りに来た、ラフな格好をした女性の姿も見える。

 男性は迎車のタクシーに乗り込むと、世田谷区方面に向かった。彼の自宅の白い瀟洒な一軒家には電気がついていて、そこには帰りを待つ家族が――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる