週刊文春 電子版

《写真&動画》現地報告・戦火のウクライナ「キエフには戦闘員志願者が溢れている」 駅に押し寄せる人々、物置をシェルターに…

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会 政治 国際

 ロシアがウクライナへの軍事侵攻に踏み切ってから早6日。戦火はウクライナ全土に拡大し、首都キエフの近郊では激しい戦闘が行われている。そんな中、28日にはベラルーシで両国代表団による初の停戦交渉が行われた。2回目の交渉も行われる予定だという。

 

 目まぐるしく変わる情勢。ウクライナは今どうなっているのか。

 

「週刊文春」編集部は、2月28日夜、現地のウクライナ人にリモートでインタビューを実施。ジャーナリスト兼コピーライターのオリガ・ダツューク(Olga Datsiuk)さん(32)に話を聞いた。普段は首都キエフに住んでいるが、現在はポーランドとの国境近く、西部の街・リヴィウに避難しているという。現地の様子をオリガさんが寄せた写真と動画と共にレポートする。

オリガ・ダツュークさん

――オリガさんは今どこにいますか。

 2日前(2月26日)に夫と双子の姉妹と一緒にキエフからリヴィウの友人の家に来ました。現在、一つの部屋に6人で住んでいます。それまでは、夫、母、双子の姉妹、そして飼い猫とキエフで住んでいました。みんな西側の方へと避難してきています。母は他の人の車で先に移動していたので、今は別の街にいます。後で合流できればと思っています。

一緒に避難している家族と
猫の「パターソン」も一緒に避難

 リヴィウまでは鉄道で移動してきたのですが、駅は非常に混乱していました。私たちは2本目の電車を待ってようやくキエフから出ることができました。現在、電車はすべて無料で誰でも乗ることができます。ただ、駅には人が大量に押し寄せていて、車両には定員の4倍もの人々が乗っていました。警察官が空に向けて発砲しないと収拾がつかないほどでした。

 リヴィウ、イヴァノフランコフスク、リヴネ、チェルノフツィと行先はいくつか選択できました。これらはすべてウクライナ西部の街です。初めに国境に近い東側の人たちが避難し始め、それから中心部の人たちが逃げ始めました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる