週刊文春 電子版

元に戻る|林真理子

夜ふけのなわとび 第1737回

林 真理子

連載

ライフ ライフスタイル

 春の気配が近づいてきたが、一向に気が晴れないのは、ロシアのウクライナ侵攻のせいである。

 友人が言っていた。

「ずうっと気持ちが重くなるから、テレビを見るまい、見るまい、と思ってもニュース番組に釘づけになる。そしてもっと重たくなってしまう」

 私も同感である。

 といっても、憂(うれ)えてばかりでは何にもならない。

 今週は仲間と協力して、二つの団体から声明文を出し、個人的にはウクライナ大使館に寄付をした。

 ウクライナのスーパーの棚は空っぽになりつつあるというが、どうか、このささやかな寄付が、パンやスープになって届きますように。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる