週刊文春 電子版

無料公開中

【クリチコ・キエフ市長独占インタビュー】私はプーチンの嘘を許さない ウクライナ人は「平和の民」だ

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会 国際

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから1ヶ月が経過しようとしている。

 

 ウクライナの国土は激しい戦闘のため焦土と化し、多くの尊い命が奪われた。ロシア軍は首都キエフ陥落を目指し、攻勢をいっそう強めている。

 

 そんな中、キエフ市のビタリ・クリチコ市長が「週刊文春」のインタビューに応じた。戦禍の中、陣頭指揮を執るクリチコ市長は、かつてWBC世界ヘビー級王者に輝くなど一時代を築いた元プロボクサーでもある。現在のキエフの様子や日々の職務、そしてロシアへの想いなどを明かした。

クリチコ・キエフ市長

――侵攻開始から1ヶ月が経とうとしています。

 第二次世界大戦以降ヨーロッパで起きた一番大きな戦争であり、数百万人のウクライナ人が西部や海外へと避難しています。大きな悲劇です。なぜこの戦争が起きたのかを皆が知る必要があります。

 2014年にウクライナは民主主義を受け入れて、ヨーロッパの仲間入りを目指しました。しかし、ロシアとプーチンは我々の意志を受け入れることを拒否しました。彼はもう一度ソビエト連邦を作りたいと願っているからです。ロシア帝国を作ろうとしているのです。そして、ウクライナはその計画上とても大きなピースなのです。ですが、我々はその計画がどこで終わるのか分かりません。ドネツク・ルガンスクで終わるのでしょうか。もしかすると、ポーランドの一部やバルト三国、ドイツにまで支配を広げたいのかもしれません。

 ロシアは嘘を広めています。プロパガンダを使って「ウクライナにはファシストがいる」と偽の情報を流しているのです。我々ウクライナ人は平和の民です。これまで一度でさえ他国を武力攻撃したことはありません。ロシアに圧力をかけたこともないのです。ウクライナはロシアにとって脅威だと言いますがそんなことは全くあり得ないことです。

 

 私は東ヨーロッパ最大の都市のひとつキエフの市長ですが、半分ロシア人です。母親がロシア人だからです。どうしてロシアのことを憎めるでしょうか。そしてなぜ、ユダヤ人のバックグラウンドを持つゼレンスキー大統領がファシストになれるのでしょうか。これらは嘘ですよね?

 この戦争はロシアの野望によって引き起こされたのです。そして、その矛先は軍隊に対してだけではありません。一般人に対しても向いているのです。これはジェノサイドです。ハリコフ、マリウポリ、ブチャなど小さな街が壊滅的に破壊されています。どれ程の一般人が殺されたか分かりません。今も数えられないほどの犠牲者が出ていると考えられます。この戦争は、ウクライナの人々の人生を完全に変えてしまいました。

地域防衛隊がキエフを守る準備を進める。戦闘員らが訓練する様子を視察した

キエフには200万人ほどが留まっている

――市長として日々どのような職務を行っているのですか?

 我々の国のインフラは壊滅的な被害を受けています。橋が壊され、コミュニケーション手段、物流にも大きなダメージが出ています。市長としての役割は、公共サービスを市民に提供することです。戦争前、キエフには360万人の人が暮らしていました。大部分の子供や女性は避難していますが、それでも現在200万人ほどが残っていると思われます。彼らの生活を守るためのサービスを提供しなくてはなりません。現在とても寒くて雪も降っていますが、幸いなことに電気は通っています。水道サービスの確保も私が担当すべきものです。それに加えて、民間防衛を通じての軍への支援も行う必要があります。

――あなたの弟である元プロボクサーのウラジミール・クリチコ氏や現役のプロボクサーであるワシル・ロマチェンコ選手は前線で戦っていると聞いています。

 すべての人は自分の人生の計画を持っています。本来なら今頃は休暇やお祝い事を計画していたかもしれません。しかし、それらの計画は全て破壊され、生活は一変しました。私はいま全てのウクライナ人に感謝していますが、男性に対しては特に感謝したいです。ウクライナ男性の使命は国土を守ること、家族を守ること、そして子供たちを守ることです。ロマチェンコのようなスポーツ選手は今、市民生活や競技を忘れて国を守る覚悟ができているのです。彼らには最大限の敬意を払います。

――キエフは日々要塞化していると聞きます。街の様子を教えてください。

 ロシア最大の標的になっているこの都市を守る準備はできています。すべての道、建物において戦い、防衛する備えはできています。この街は毎日爆弾による攻撃を受けています。アパートや住宅にはロケット弾が撃ち込まれています。インタビューを受ける数分前にも近くで爆発があって、私はこの後現場に向かいサポートしなくてはなりません。現場に行くのはとても重要なことです。

ロシア軍の攻撃によって1人が死亡し、4人の子供を含む19人が負傷したポディル地区にある住宅地を訪れる

「日本人のためにも戦っている」

――改めてロシアやロシア人に対する思いを聞かせてください。

 ロシア人を恨む感情はありません。ロシアの攻撃的な政治と政府が批判の対象なのです。政治と政府がロシアを間違った道へと導いているのです。ロシアは平和な国家でなくてはなりません。ですが、周辺諸国であるジョージアやアブハジア共和国などにロシアの手垢が付けられていきました。国際社会への好戦的な姿勢には反感を抱きます。

 それともう一つ。我々は世界第3位の核保有国でしたが、1994年にすべてを放棄しました。ロシアがウクライナを守ると保証したからです。国土の独立も尊重すると言いました。にもかかわらずクリミアへの侵攻が始まり、ドネツク・ルガンスクも制圧されました。ロシアのことは絶対に信用してはいけないのです。

 

――あなたはよく今回の戦いは「情報の戦争」だと話しています。

 ロシアは情報戦をよく知っています。ロシア人は誤った情報を与えられ、多くの人がそのまま受け止めています。この戦争によってロシアの国益が守られると信じているのです。そして、その国益とはウクライナのことなのです。そのための手段である攻撃が民間人に向けられているのが現状です。

 今、私たちはウクライナのためだけに戦っているのではありません。キエフのためだけでもありません。あなた方日本人のためにも戦っているのだと思っています。日本とも共有する価値観や原理のために戦っているからです。ロシアによる侵略によって次はどの国が攻撃を受けるか分からないと思っています。

 ロシアのメディアには言論の自由がありません。政府が言うことに反論はできません。だからこそ、すべての人が能動的になってウクライナに平和をもたらす努力をしなければなりません。ロシア大使館の前でデモを行ったり、経済制裁をして欲しいのです。ロシアの企業が稼ぐ利益は全て戦争のために使われています。経済制裁は時に痛みを伴いますが着実に効果をもたらすと考えています。ロシアとの経済関係を止めることで我々を支援して欲しいです。

 Слава Україні!(ウクライナに栄光あれ!)

キエフの入り口にある防衛拠点の様子。塹壕が作られていることが確認できる

(写真・Press office of Vitalii Klitschko)

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる