週刊文春 電子版

息子の造反で破綻 イセ食品 ワンマン名誉会長を直撃

「週刊文春」編集部
ビジネス 企業

「ワシには分からん!」

「いや、会長、もう一度ちゃんと聞いてください!」「森のたまご」ブランドで知られる鶏卵大手「イセ食品」の会議室では、会長と社長の怒鳴り声が連日、響き渡っていたという。

 1912年に富山県で創業したイセ食品は、国内の約10%に及ぶ1300万羽の採卵鶏を飼育し、2018年1月期には470億円の売り上げを記録。昨年6月まで会長兼社長を務めていた伊勢彦信氏(92)は世界的な美術品コレクターとして知られ、“エッグ・キング”とも称されている。

父親の伊勢前会長(高橋前高岡市長のブログより)

 同社に激震が走ったのは3月11日のこと。伊勢氏の長男で元社長の俊太郎氏(66)と債権者のあおぞら銀行が、東京地裁に会社更生手続きを申し立てたのだ。

「コロナの影響で外食需要が減少し、卵の価格が下落。飼料価格も高騰し、2年程前から経営難が囁かれていた。負債額は453億円に上る」(経済部記者)

 25日には更生手続きの開始決定を受け、事実上破綻。今後はスポンサー企業を探して再建を目指す。

 ところが伊勢前会長は、息子の“造反”ともいえるこの申し立てに対し「全く理解できない」と、抗告の準備を進めているのだ。

 元幹部社員が語る。

「俊太郎さんは92年に社長に就任しましたが、ワンマン経営者の会長と経営方針を巡って対立していた。近年は業績悪化の責任を取る形で役員や部長クラスが次々辞めさせられています」

 この親子喧嘩に巻き込まれ、“パワハラ”を受けたと証言する元従業員もいる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる