週刊文春 電子版

「私は木下ほうかにレイプされた」雲隠れに女優が新告発、NHKドラマ大混乱

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

「女性の方々が心に深い傷を負ったことに間違いはございませんので、深くお詫び申し上げます」

 突如ツイッターでこう謝罪したのは、名脇役として活躍してきた木下ほうか(58)。小誌は先週号で木下から「性被害を受けた」という女優らの告発を報じたが、その後も木下からの被害を訴える声が続々と寄せられていた。

木下ほうか

 これまで小誌の再三の取材申し入れに沈黙を貫いてきた木下だったが、新たな告発について3月28日朝に質問状を送ると、その日の夜に冒頭の通り謝罪し、芸能活動の無期限休止を発表したのだった。

 前号の電子版発売日の23日、木下がLINEで、「文春に書かれてしまい、ご迷惑おかけするかもしれませんが申し訳ございません」と送った恩師がいる。16歳だった木下が初めて出演した映画「ガキ帝国」の監督・井筒和幸氏(69)だ。井筒氏が明かす。

「記事の内容が事実か確認しようと電話をしてもまったく出なかったね。(今回の一件は)情けないの一言ですよ。救いようがないね」

井筒監督

 木下は「井筒監督に会わせる」と恩師をダシに使い、女優らを誘い出していた。

「監督やプロデューサーに会ったところでキャスティングなんて決まらない。そんなコントみたいな世界じゃない。映画業界全体がそんなことをやっていると見られるのは心外です」

 恩師との連絡も断ち、雲隠れを続ける木下。彼によって、目下大混乱に陥っているのがNHKだ。4月5日から始まる連ドラ「正直不動産」で木下は主演・山下智久の上司役を務めていた。木下側は降板を申し入れたことを明かしたが、NHK関係者が舞台裏を語る。

「代役を立てての再撮影は日程的に不可能。再編集し、木下の出演シーンは全部カットして放送します。終盤まで撮り終わっていた上に放送まで1週間しかないので現場は混乱の極みです」

降板が決まった「正直不動産」

無理やりキスして舌を……

 木下はWOWOWで4月9日から放送予定の反町隆史主演のドラマ「今どきの若いモンは」にも出演。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる