週刊文春 電子版

「痩せろ」「醜い」「辞めろ」 ディズニーランドは“悪夢の国” 《出演者が連続告発》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業 働き方

「子どもの頃からの夢で、かけがえのない大切な仕事。いじめられても我慢するしかありませんでした。職場環境の改善を求める今回の判決は、私にとって何より価値のあるものです」

 原告のA子さん(41)は真っ直ぐに訴えた。

来年40周年の東京ディズニーランド

 “夢の国”東京ディズニーランドに衝撃が走ったのは、3月29日。キャラクター出演者として働いていた契約社員・A子さんがパワハラで体調を崩したとして損害賠償を求めた訴訟で、千葉地裁は運営会社のオリエンタルランドに安全配慮義務違反で88万円の支払いを命じたのだ。

 この判決に対し、同社がHPに掲出した“反論文書”が物議を醸している。

オリエンタルランドの吉田謙次社長

〈原告が主張するパワーハラスメントに該当する発言は認められませんでした。

 ゲストの皆様をはじめとする日頃より当社を支えて下さるすべての皆様に対し、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます〉

 社会部記者が解説する。

「裁判所に職場環境の改善を要求されたにも関わらず、改善に向けた決意表明や原告女性への謝罪の言葉は一切なかったことについて、『謝る相手が違う』といった批判が噴出しました」

 一方、A子さんの携帯電話には、同僚や匿名の従業員からたくさんの激励メッセージが届いた。

〈いま苦しんでる人の後押しになる〉

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる