週刊文春 電子版

堺あおり運転 27歳犯人は車の違法改造マニアだった

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「紺色の車と横転したバイクが見えました。警察の車が何台も停まっていて『車とバイク1台の事故にしては大げさだなあ』と、その時は思ったのですが……」(事故現場を目撃した女性)

 3月28日の午後6時台、大阪府堺市を南北に縦断する通称「泉北1号線」。堺市南区の自称介護士、川島陸容疑者(27)が運転する紺のセダンは、同区の会社員、北島明日翔(あすか)さん(28)が運転するバイクに極端に近づいたり幅寄せしたりといった行為を繰り返していた。

川島容疑者(Facebookより)

「北島さんの運転するバイクが他の車よりも遅く走っていたことで、後ろにいた川島が思うように走れなかったのが最初のきっかけのようです」(社会部記者)

 北島さんが車線を変更すると、川島もピタリと背後につく。約3分間、4キロほどあおり続けた川島は急ハンドルを切り、右車線を走る北島さんの前に割り込んだ。衝突させられた北島さんは道路防護柵に激突。延髄断裂などで即死した。

 大阪府警は川島を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕。その後の捜査で「殺意があった」と判断し、翌29日に殺人容疑で再逮捕した。

 川島は事故現場である堺市で生まれ育った。中学時代からの知人が証言する。

「サッカー好きで、中学の同級生とはメッシやロナウドの話で盛り上がっていた。体育のサッカーの授業では自らゴールを決めたがったり、派手なプレーで人目を引こうとしていましたね」

 一方でこんな“悪癖”も。

「何をするにしてもやりすぎるんです。太っている友達を『お前デブやな』といじり出したら、周りが『やめとけ』と諫めても『大丈夫やろ』としつこくちょっかいを出し続けた」(同前)

 中1の夏には、校舎の3階からかんしゃく玉を投げてトラブルになったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる