週刊文春 電子版

モスクワの若者をSNS直撃「ロシアを出る」

ウクライナ戦争「7つの核心」

「週刊文春」編集部
ニュース 国際

「“特別軍事作戦”で起きていることが気に食わないんだ。でも、私には何もできない。これを『戦争』と呼ぶことは禁じられている」

 言葉少なに語ったのはモスクワ在住の男性(24)だ。記者が特別軍事作戦への賛否を問うと会話は途切れた。

IT技術者の流出を危惧するロシア電子通信協会会長

 ウクライナ侵攻後、20代を中心にロシアからの「脱出」を望む若者が増えている。国外移住者を支援する非営利団体「OKロシアンズ」の調査によると、侵攻開始から1カ月足らずで少なくとも30万人のロシア人が出国したという。

 小誌はティンダーやテレグラムなどのSNSを通して、モスクワ在住のロシア人の若者約10人を直撃。彼らの偽らざる本心を聞いた。

 音楽家のセルゲイ(22・仮名)は、インタビューを申し込むと最初に「匿名でお願いします」。この一言で、彼が戦争に否定的な立場であることが分かった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる