週刊文春 電子版

梨園という「巨大ファミリー」家系図完全解説|中川右介

文春歌舞伎!

中川 右介
エンタメ 芸能

 血筋と家柄が何よりも重視される歌舞伎界。「芸」と「名」を繋ぐため、傾けられた努力の結晶である家系図を今、徹底的に読み解く。

 

なかがわゆうすけ 1960年、東京都生まれ。著書に『歌舞伎 家と血と藝』、『玉三郎 勘三郎 海老蔵』、『十一代目團十郎と六代目歌右衛門』ほか多数。

 

「歌舞伎役者はみな親戚」とよく言われるが、それは誇張ではなく、数人の大幹部とその子・孫たちは、ひとつの巨大ファミリーを構成している。逆に言えば、このファミリーに入れなければ、歌舞伎座で主役級の役につくことはできない。

 巨大ファミリーの中心に位置するのが市川團十郎家だ。「市川宗家」とも呼ばれ、歌舞伎界全体の「宗家」である。コロナ禍で襲名が延期されているが、海老蔵が十三代目になることが決まっている。

(左から)市川ぼたん・市川海老蔵・堀越勸玄

 團十郎家は元禄時代に活躍した初代から、家の芸として「歌舞伎十八番」を制定した七代目を経て、明治に活躍した九代目までは、女系を含みながらも血がつながっていた。しかし九代目には娘は2人いたが、男子がいなかったので、血統は絶えた。九代目は銀行員を長女の婿養子として迎え、家を継がせた。九代目の死後、婿養子は30近くになっていたが、十代目になろうと決意して役者に転じ、五代目市川三升(さんしよう)を名乗った。しかし、十代目にはなれなかった(没後に追贈)。

七代目幸四郎から広がる門閥

 九代目團十郎の弟子のひとりが七代目松本幸四郎である。建築業を営む家に生まれたが、あまりに美少年だったので日本舞踊・藤間流家元の養子となり、團十郎の弟子となった。この美形男子一族のルーツである。

 松本幸四郎家は二代目幸四郎が二代目團十郎の養女と結婚し四代目團十郎となり、その子・三代目幸四郎も五代目團十郎になっており、市川家と一体とも言える。だが六代目で絶えていたので、その関係者から請われて、血縁関係も師弟関係もなく、養子縁組もせずに、名跡だけ継いだのが、七代目幸四郎だった。

 七代目幸四郎には男子が3人生まれた(他に非嫡出子が本人にもわからないくらい何人もいたという)。幸四郎は市川三升と親しかったので、長男を市川家へ養子に出した。普通は次男や三男を養子に出すものだが、師の家の後継者になるので、長男を出したのだ。

 市川宗家と幸四郎家は、徳川宗家と御三家のような関係と思えばいい。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる