週刊文春 電子版

横浜高校野球部 退部選手の父が告白する「パワハラの中身」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ 教育

 5月7日の朝9時半。西東京の室内練習場で黙々とティーバッティングを続ける丸刈りの球児がいた。180センチ、90キロの体格で、高校2年生ながらプロも注目するA君だ。実は彼は名門・横浜高校野球部を退部したばかり。原因は監督の“パワハラ”だという。

 A君の父は投手として巨人や西武に在籍した小野剛(ごう)氏(44)だ。A君は中学時代からスラッガーとして活躍。

小野剛氏(GSLのHPより)

「大谷翔平の恩師・花巻東高の佐々木洋監督や地元の強豪・花咲徳栄高も強く誘ったほど」(スポーツ紙記者)

 横浜高を選んだ決め手は、村田浩明監督の手紙だった。

 同校出身の村田監督は、楽天の涌井秀章投手とバッテリーを組み、春の甲子園で準優勝。大学卒業後は、別の高校の監督を務めていた。だが2019年、当時の横浜高・平田徹監督がパワハラで解任されると、恩師の渡辺元智氏に請われ、翌年、監督に就任した。小野氏が振り返る。

松坂大輔氏らを育てた渡辺氏

「熱意と誠意を感じるお手紙で、特待生として迎え入れてくださった。それが何故こんな事に……」

 小野氏が“異変”を耳にしたのはこの春のことだ。

「複数の父兄から『息子さん、相当やられているようだけど、大丈夫?』と連絡があったんです。息子は寮生活で普段顔を合わせる事がなく、本人は何も言っていなかった。ただ父兄たちから話を聞くと、監督からイジメやパワハラを受けている事が判ったんです」

 例えばバッティング練習中のこと。村田監督がスローボールを投じ、打ち損じると「そんな球も打てないなら辞めてしまえ!」と怒声を浴びせられたという。

 ある日突然、村田監督によってA君の私物が寮の部屋から全て放り出されたこともあった。理由を聞くと、「お前は親に頼れるんだから、寮に住まないで通って来い!」と言う。だが小野氏の家は埼玉県である。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる