週刊文春 電子版

出演女優が告白「巨匠監督作品の性被害」「私はバストトップ公開で自殺未遂に追い込まれた」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 社会 芸能 映画

 小誌が報じてきた芸能界の性被害。女優の水原希子はプロデューサーから「アンダーヘアを出すように要求された」と被害を告白し、性的シーンの撮影に潜む危うさを訴えた。同様の被害は日本アカデミー賞監督の現場でも起こっていた。

中島哲也監督

 中島哲也監督(62)。07年、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」で第30回日本アカデミー賞優秀脚本賞と優秀監督賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。11年には、「告白」で日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞など四冠に輝いた巨匠だ。

 14年6月に公開された作品が「渇き。」だった。同作は米国のオースティンファンタスティック映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、トロント国際映画祭やBFIロンドン映画祭にも出品された。だがその陰で女優が自殺未遂に追い込まれていたことは知られていない。

主演の役所広司

 同作では役所広司が、敵対する刑事役のオダギリジョーの妻をレイプするシーンがある。この妻役を演じたのが元女優のA子さんだ。A子さん本人が話す。

「オーディションの前に脚本を読んでおり、レイプシーンがあることは承知していました。しかし、当時所属していた事務所とは『バストトップが露出されるヌードシーンのある作品には出演しない』という契約を結んでいた。バストトップの露出はNGという前提のもとオーディションに参加していました」

 オーディションで中島監督から「脚本読んだよね? 大丈夫?」と聞かれ、A子さんは「大丈夫です」と答えた。

「脚本の内容、役の設定について大丈夫という意味で露出について了承するものではありません。オーディションの段階で中島監督を含め、制作側からバストトップの露出があるとは伝えられていませんでした。クランクインの前には事務所から制作側にバストトップの露出はNGと伝えたとも聞かされていました」

 迎えた撮影当日。A子さんがレイプシーンの絵コンテを確認すると「下着を外す」という表現があった。

 マネージャーが制作側に確認するが、どう撮影されるかは判然とせず、衣装係からは「ニップレスを外してください」と言われた。A子さんは拒み、撮影は一時中断の異常事態に陥った。

 A子さんのマネージャーと、同作で制作・プロデューサーを務めた鈴木ゆたか氏らで話し合いが行われると、鈴木氏はマネージャーにこう詰め寄った。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる